「好きな人とのキスは最高!」とは言うものの、上手い下手はあります。できれば上手いほうがいいに決まってる。練習法として昔から言われているのが、「さくらんぼのヘタを舌で結ぶ」などですが、ほかにもあるのでしょうか? 男性たちに聞いた“今まで上手いと思った女子のキス”の話から、練習法を考察してみましょう!

文・塚田牧夫

唇ストレッチ

「キスで一番大事なのは唇の柔らかさだと思います。最初に触れたときの、あのプニュッとした感覚は何ものにも代え難い……。身も心もとろけます」タツヒロ(仮名)/28歳

「唇は第二の性器」という声が上がるぐらい、エッチと深い繋がりのある部分です。なので、相手を感じさせるために、より柔らかくほぐしておくのは良い試みと言えます。

その場合、口を上下左右に動かすようなストレッチなどは有効。口の周りの筋肉を柔らかくすることで、唇も動かしやすくなります。

イメージトレーニング

「緊張していると、どうしても唇が乾いたり固くなったりしますよね? それだとキスしてもあんまり気持ち良くない。やっぱりリラックスした状態でするのが一番では?」マコト(仮名)/30歳

緊張は禁物とはいえ、キスするのになかなかそれは難しい。緊張をなるべく抑えるためには、イメージトレーニングが有効です。

スポーツ選手のように、頭のなかで本番のシーンを思い浮かべ、繰り返し練習します。そうすることで、いざというときリラックス状態で臨め、持っている力を発揮できるようになります。

唾液を出やすくする

「キスって音も大事だと思う。舌が絡み合うクチュクチュって音が頭に響くとすごく興奮する。意図的に出せたらいいかもしれませんね」カズヨシ(仮名)/28歳

音が出やすくするためには、十分な唾液が必要。分泌を促すために、まずは水分の摂取は必須でしょう。

また、舌を奥歯の裏辺りに押し付けてなぞると、ジワッと唾液が出てきます。こういった練習を普段から行っておくといいかも。それに唾液が出ることで口臭予防にもなりますからね。

“キス上達のマル秘練習法”をご紹介しました。

キスは相手がいてこそできるもの。練習の成果を発揮しようと意気込みすぎると、ひとりよがりなキスになってしまうかもしれません。それでは本末転倒。ですので、いつでも相手を思いやったキスを心掛けてください。

(C) Sergey Mironov / Shutterstock(C) HTeam / Shutterstock(C) Vladimir Gjorgiev / Shutterstock