スマートフォンの利用時に最も気をつけたいことは何かと尋ねるアンケートを実施したとしたら、1位に挙がるのは間違いなく「落下による損傷」でしょう。しかし、精密デバイスにしては、うっかり落としてもなかなか壊れないと思いませんか?もしかしたら、この機械のおかげかも知れません。

キャリアの使う回転&落下マシン

米大手キャリアVerizonの秘密兵器は「The Tumbler」と呼ばれる、スマートフォンの耐久性をシミュレートするマシンです(間違ってもコーヒー用カップではなく、「tumble:転倒」を意味します)。落下させても内部のパーツが機能するかどうかを検証するため、テスト中は電話をかけた状態に設定されるそうです。
 

 

 
また他に、30分間に100回、秒速4.3メートルの速度で特定の角度から落下させるテストが可能な専用マシンも存在します。
 

厳しい検証をパスしなければいけない

スマートフォンはベンダーが作成したものが、そのまますぐに世に出るわけではありません。全てのスマートフォンは、政府機関が設けた様々なテストに合格する必要があります(Galaxy Note 7のリコール事件の際は、Samsungが自前の研究所でテストをパスさせていたことが問題になりましたが)。
 
今のところ、落下テストはテスト項目に含まれておらず、あくまでもオプションに過ぎないそうです。
 
ただし、Verizonは消費者に安心してもらうため、流通する前に落下実験を含む複数のテストをスマートフォンに課しているとのことです。もちろん、Verizon以外のキャリアも同様のテストを行っているでしょうが、キャリアの検証テストが動画として一般に公開されるのは、たとえ宣伝だとしても稀なことです。
 
 
Source:AndroidHeadlines
(kihachi)