「ディズニーeチケット」は家族やグループのパークチケットのまとめ買いも可能/(C)Disney

写真拡大

東京ディズニーリゾートでは2月20日からスマートフォンで購入したパークチケットでそのまま入園できる新サービス「ディズニーeチケット」を開始した。

【写真を見る】ミッキーマウスたちがキュートなコスチュームでゲストをお迎え!イベント「東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”」は4月15日(日)スタート/(C)Disney

同サービスは、スマートフォンでパークチケットを購入後、表示される二次元コードを来園時に入園ゲート(改札口)でかざすことで、そのままパークへ入園できる。大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)ではすでに導入されているシステムとなり、発表されるや、インターネット上では「やっと!」と待ち望んでいたことがうかがえる声や、「意外と便利そう」という期待の声があがっていた。

家族やグループのパークチケットをまとめて購入しても、メールやLINE(ライン)でシェアをすることで、それぞれのスマートフォンに表示し、入園できるというすぐれ物。

一方で、従来の紙チケットには入園日などの明記やチケットにミッキーマウスらのプリントがされているため、「イン(入園)した日のチケットを手元に残しておくことができる」「ディズニーのチケットってかわいくて、思い出になる」という声もあり、まだまだ紙チケットの需要が高いことがわかる。

しかし、パーク内で待ち時間を有効に使えるディズニー・ファストパスや、ショー抽選にも対応しているという「ディズニーeチケット」。一度は活用してみたいところだ。(東京ウォーカー・池田織枝)