記者の質問に答える洪長杓氏=20日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大 (全2枚)

◇米の通商圧力にWTO提訴も辞さず 韓国政府

 韓国青瓦台(大統領府)の洪長杓(ホン・ジャンピョ)経済首席秘書官は20日の記者懇談会で、鉄鋼の輸入制限など通商圧力を強める米国の動きに対し「正面突破」する姿勢をあらためて示し、世界貿易機関(WTO)への提訴などを含め断固とした措置を取る方針を明らかにした。洪氏は、米国が韓国製の鉄鋼と変圧器に反ダンピング(不当廉売)関税や相殺関税を課していることについて、先週、WTOの紛争解決手続きを開始したと説明。韓国製を含む外国製の洗濯機と太陽光パネルに対するセーフガード(緊急輸入制限)発動については米国と協議中で、決裂した場合はWTOに提訴する考えを示した。

◇GM幹部が来韓 工場閉鎖で政府に支援要請へ

 米ゼネラル・モーターズ(GM)の国際事業の統括本部であるGMインターナショナルのエングル社長が来韓し、韓国子会社の韓国GMの群山工場(全羅北道群山市)閉鎖を巡り、韓国政府に支援を要請するため、国会や各党幹部と本格的な協議を始めた。

◇南北合同チームは5戦全敗で終了 2得点28失点

 平昌冬季五輪第12日の20日、アイスホッケー女子7、8位決定戦が行われ、韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」はスウェーデンに1―6で敗れ、1次リーグとあわせて5戦全敗で五輪を終えた。世界ランキング22位の韓国、25位の北朝鮮が力を合わせたが、対戦相手となったスウェーデン(ランキング5位)、スイス(同6位)、日本(同9位)との実力差はやはり大きかった。それでも、5戦合計2得点、28失点と、五輪初出場だったことを考えると善戦した。

◇韓米演習巡り「平昌パラ以降に発表」 実施時期問われ国防相

 韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は20日、平昌冬季五輪・パラリンピック期間と重ならないよう実施を延期した韓米合同軍事演習と関連し、「パラリンピックが終了する3月18日から4月より前に韓米両国の長官が正確に発表する」と述べた。両国は演習について、発表までは肯定も否定もしないことにしたと伝えた。国会国防委員会の全体会議で、演習の実施時期を問う議員の質問に答えた。

◇朴前大統領への判決言い渡し 早ければ3月中にも

 ソウル中央地裁は20日、長年の知人である崔順実(チェ・スンシル)被告と共謀して大企業から多額の賄賂を受け取った収賄罪などに問われている前大統領、朴槿恵(パク・クネ)被告の公判を開き、「被告の勾留期限などを踏まえ、来週、弁論を終結する」と明らかにした。地裁の方針通り、今月末に論告求刑公判が開かれ検察が求刑して結審すれば、早ければ3月のうちに一審判決が言い渡される見通しだ。