ソフトバンクは、Androidタブレット「Lenovo TAB4」(レノボ製)と「MediaPad M3 Lite s」(ファーウェイ製)を2月23日に発売する。

 「Lenovo TAB4」の価格は4万6080円(税込、以下同)で、実質負担額は750円×24回。「MediaPad M3 Lite s」の価格は3万5280円で、実質負担額は300円×24回となる。ソフトバンク携帯電話ユーザーが割安な料金で利用できる「タブレットずーっと割」と「はじめてタブレット割」の対応機種となっている。

Lenovo TAB4

 「Lenovo TAB4」は、10.1インチディスプレイ搭載のAndoridタブレット。防水性能を備え、フルセグ・ワンセグの視聴に対応する。ボディカラーはブラックとホワイトの2色をラインナップする。

「Lenovo TAB4」価格 通常購入 「タブレットずーっと割」
「はじめてタブレット割」利用時 価格(一括購入額) 4万6080円 分割払い 1920円×24回 1280円×36回 月月割 -1170円×24回 -780円×36回 実質負担額 750円×24回 500円×36回

MediaPad M3 Lite s

 「MediaPad M3 Lite s」は、8インチディスプレイを搭載するAndroidタブレット。厚さ7.7mmの薄型設計で、映像の彩度を高めて鮮明な表示にする技術や、harman/kardonが監修したオーディオ機能を備える。ボディカラーはホワイトのみ。

「MediaPad M3 Lite s」価格 通常購入 「タブレットずーっと割」
「はじめてタブレット割」利用時 価格(一括購入額) 3万5280円 分割払い 1470円×24回 980円×36回 月月割 -1170円×24回 -780円×36回 実質負担額 300円×24回 200円×36回