画像提供:マイナビニュース

写真拡大

2018年2月18日に、世界最大級のガレージキットイベント「ワンダーフェスティバル2018[冬]」が千葉県・幕張メッセで開催された。

「ワンダーフェスティバル」(通称:ワンフェス)は、フィギュアなどを含む造形物である「ガレージキット」を製作したものを展示・販売するイベントで、最近では冬と夏に開催されている。アマチュアでも当日版権システムにより既存のキャラクターを題材とした作品が出展可能となっており、企業ブースも会場限定品などを発売している。

○歴代最大ゴジラの3Dデータを展示

ペンタブレットの老舗、ワコムのブースではデジタル原型を制作するのに欠かせない原型製作向け3Dモデリングツール「ZBrush」(ズィーブラシ)がインストールされた液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro」と、OS搭載タイプの液晶ペンタブレット「Wacom MobileStudio Pro」の製品を体験できるコーナーを展開。また、アニメーション映画「GODZILLA」三部作とのコラボレーションも実現し、歴代最大のゴジラ「ゴジラ・アース」の3Dデータをデジタルモデリングで表示することができた。

○書籍が充実、ユーザーのすそ野広がる

「ZBrush」の機能簡易版となるが、十分なデジタルモデリング機能を備えた「ZBrushCore」の日本語版の登場に加え、3Dプリンタの低価格化や「ZBrush」関連の書籍の充実化などにより、デジタルモデリングの注目度は年々高まっている。特に今回は「GODZILLA」の3Dデータ展示などもあり、幅広い年齢層の来場者がワコムブースに立ち寄り、FormLabs社の光造形3Dプリンタ「Form2」で出力された「セルヴァム」のサンプルフィギュアを眺めたり、体験コーナーで「ゴジラ・アース」のデジタルデータをZBrush上で表示し、造形の詳細を確認したりして楽しんでいた。

さらに、ブース周辺ではデジタル3D制作に関するセミナーを開催。今回はデジタル原型師見習い・美環(みかん)氏のステージや、「ZBrushCore」インストラクター・福井信明氏による「ZBrushCore」解説演説といったステージに加え、"海洋堂センム"宮脇修一氏を人体スキャンしてデータ化するパフォーマンスや、「ZBrush4R8」の入門書籍を手がけたウチヤマリュウタ氏によるステージなども開かれ、ほぼすべてのステージの席が埋まる大盛況ぶりだった。