スマホの容量を気にせずハイレゾ音源が持ち歩けるワイヤレスmicroSDカードリーダー

写真拡大 (全3枚)

 オーディオ機器のラディウス(東京)は、iOS/パソコン対応のオーディオ用ワイヤレスmicroSDカードリーダー「RW-WPS11」を2月22日に発売する。バッテリーで動作するポータブルタイプなので、ハイレゾ音源などの大容量データもスマホ本体のメモリーを圧迫することなく、外出した時でも気軽にハイレゾ音源を楽しめる。ホワイト(W)、ブラック(K)があり、店頭予想価格は2万円前後。

 ワイヤレス方式はiOS/パソコン用5GHz帯/2.4GHz帯無線通信。microSD、microSDHC、microSDXCに対応し、容量256GBまで推奨されているので容量不足の心配はない。ストリーミングのようなキャリアの通信料が発生しないのもメリット。またiOSデバイスとはワイヤレス接続なので、Lightning端子にはイヤホン/ヘッドホンがつなげるしBluetoothも使える。なお、Phone/iPadでの再生には、同社のNePLAYER/同Liteなどのハイレゾ再生アプリが必要。

 Wi-Fiのネットワークにもつながり、microSDカードをデータ記憶メディアとしたNAS(ネットワークHDD)としても使用可能。パソコンからデータの読み書きができたり、iOS端末からも専用アプリを使って動画や書類の再生や表示ができたりする。ちなみに、接続中でも端末の通信回線は使えるので、メールやインターネットが見られるのも好都合だ。

 約2時間30分の充電で、約9時間(2.4GHz帯時)の連続再生ができる。サイズは幅62×高さ62×厚さ11.5mm。