リディア・コがトップ10から陥落(撮影:GettyImages)

写真拡大

2月19日付けの女子世界ランキングが発表され、米国女子ツアー2戦目の「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」を16位タイで終えた畑岡奈紗が、1ランクアップの世界ランク44位となった。
【連続写真】畑岡奈紗はスイングアークではなく“コンパクトさ”で飛ばす!
畑岡は同大会の2日目に5ストローク伸ばす躍進を見せ、5位タイで最終日を迎えるも、最終日にスコアを伸ばせず16位タイで大会を終えた。それでも昨年の「キャンビア・ポートランド・クラシック」に15位タイに続く米国での成績。今季に弾みをつけた。
ISPSハンダ-で4日間首位をキープして完勝を決めたコ・ジンヨン(韓国)は、順位を4つ上げて世界ランク16位に浮上している。
トップ5に変動はなく、首位は15週連続でフォン・シャンシャン(中国)がキープしている。そのほか上位陣では、同大会で単独2位に入ったチェ・ヘジン(韓国)が、リディア・コ( ニュージーランド)と入れ替わる形で1ランクアップの10位に入った。
日本勢では、順位を2つ下げたが33位の鈴木愛が変わらずトップ。2番手が41位の野村敏京、3番手が44位の畑岡となっている。
【女子世界ランキング】
1位:フォン・シャンシャン(7.19pt)
2位:パク・ソンヒョン(6.87pt)
3位:ユ・ソヨン(6.66pt)
4位:レクシー・トンプソン(6.65pt)
5位:アンナ・ノルドクビスト(5.66pt)
6位:チョン・インジ(5.46pt)
7位:キム・インキョン(5.41pt)
8位:アリヤ・ジュタヌガーン(5.35pt)
9位:クリスティ・カー(4.97pt)
10位:チェ・ヘジン(4.83pt)
11位: リディア・コ (4.60pt)
16位:コ・ジンヨン(3.78pt)
31位:鈴木愛(2.57pt)
41位:野村敏京(2.20pt)
44位:畑岡奈紗(2.17pt)
47位:川岸史果(2.06pt)
57位:上田桃子(1.63pt)
70位:笠りつ子(1.42pt)
83位:成田美寿々(1.24pt)
85位:比嘉真美子(1.21pt)
95位:菊地絵理香(1.05pt)
99位:永井花奈(1.00pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

鬼門は最終日? 畑岡奈紗のトップ10入りはまたもお預け
米デビュー戦でローアマ獲得 17歳・吉田優利の次なる目標は?
タイ決戦に前のめり 専属キャディ・清水重憲が語る2018年のイ・ボミ
厳しい米ツアーを生き抜くバッバ・ワトソンのサバイバル術【舩越園子コラム】
黄金世代の新人2人が「プ女子」同盟結成 【若手女子プロゴルファーの意外な趣味】