杉山次期社長

写真拡大

 三菱電機は4月1日付けで杉山武史副社長(61)が社長に昇格する人事を固めた。柵山正樹社長(65)は会長に就く。21日の取締役会で正式決定する。杉山氏は自動車機器や通信、生産技術部門などを経て、現在は空調や家電の家庭機器部門を統括している。同社にとって過去最大のM&A(合併・買収)となったイタリアの空調機器メーカーの買収後の統合プロセスなどで手腕を発揮した。

 柵山氏は2014年に就任。堅実なバランス経営と成長の両立を目指し、粒子線治療装置事業の売却など事業組み替えを実施する一方、競争力の高いFA機器や空調などに対する投資を積極化した。2018年3月期連結決算は、売上高と利益で過去最高を更新する見込み。

 同社は創立100周年を迎える21年3月期までに売上高5兆円(18年3月期予想比13・1%増)以上、営業利益率8%(同0・6ポイント増)以上を目指している。これまでの投資の刈り取りと、次世代の成長柱の発掘が課題となる。
【略歴】杉山 武史氏(すぎやま・たけし)79年(昭54)名大工卒、同年三菱電機入社。11年リビング・デジタルメディア事業本部副事業本部長、14年常務執行役、16年専務執行役、17年執行役副社長。岐阜県出身。