明るくクリアで鮮やかな映像が映し出すエイサーのプロジェクター

写真拡大

 日本エイサーは2月20日、スタンダードプロジェクター「X138WH・X128H・X118H」3機種の販売を2月22日に開始すると発表した。税別の実勢価格は、「X138WH」が5万5000円前後、「X128H」が4万7000円前後、「X118H」が4万円前後。明るく鮮明で深みのある映像を映し出し、プライベートにもビジネスにも使いやすように仕上げている。

 3700ルーメンの高輝度設計(X128HとX118Hは3600ルーメン)であることから、明るくクリアで鮮やかな映像が映し出せる。ブルーライト対策メガネと同等の効果を発揮する「Acer BluelightShield」で、やさしく目を守ることができる。3Wスピーカー内蔵で、HDMIならAV機器とケーブル1本で接続が完了する。上下方向の映像のひずみを補正できる台形補正機能で最大垂直40度まで補正できるほか、使用場所に合わせて自由に設置できるトップローディング設計となっている。背面にポート類を集約し、配線が邪魔にならないような設計も実現している。