Image: MidAmericanEnergyCo/YouTube

鉄製にコンクリート製など……知らないことだらけ。

多くの人にとって風力発電の風車を目にすることは珍しいでしょうが、さらにこれを組み立てているところなんて、ますますめぐりあう機会が少なそうですよね。

そんな風車の組み立ての様子を、アメリカ最大手の電力会社、MidAmerican Energy Company(ミッドアメリカン・エナジー・カンパニー)がタイムラプス映像で見せてくれています。 細かいデータが盛りだくさんで、勉強になりますよ。

まずは土を慣らして、直径30mのエリアを確保。その下を深さ3mまで掘って40〜100本の「ジオピア」と呼ばれる根っこを埋めます。これは1日がかりのお仕事。

さらにコンクリートで床を作り、約43tの鉄骨で基礎を作ります。そこにトラック53台分に値するコンクリートを流して基礎を固め、約1,146立方メートルの土を被せて平地に戻します。

次に、現場に持ち込まれるのは長さ約52mの翼。1枚約12tと、とてつもなく重いものです。パーツを運ぶには8台分のトラックを要します。

3分割された支柱の下段は高さ約16mで、重さは約44t。160本のボルトでガッチリと固定します。こちらにかかるのは5時間とのこと。中段の支柱は長さ約26mで、重さは約52t。上段の支柱は長さ約36mで重量約47t。裏側で発電するナセルは約82tで、これは学校送迎バスと同じサイズなんだそう。ここには発電機とギアボックス、そしてローター・シャフトが内蔵されています。

そして、そろそろ最後の作業。翼をローターに合体させるのに4時間、ナセルの合体にまた4時間かかります。最初の穴掘りから完成までトータル3週間と、結構な時間がかかっちゃうんですね。

完成した3枚の翼が回転すると、その直径は約107mになり、翼が真上に来たときの高さは地上135mにも達します。あまりに高いので、支柱を登って頂上にたどり着くには10分もかかってしまうんだとか。

また、支柱がコンクリートの輪っかを積んでいくタイプの風車を作る様子もお楽しみください。こちらは高さ約170mで、アメリカ国内でも最大級のサイズです。

では最後に、風車の歴史や機構、風が起こるメカニズムなどを説明したバーチャル・ツアーの動画もどうぞ。

こちらの動画によれば、アメリカでは個々の農家が自宅のために風力発電をしていました。ですが、1950年代に電力供給が充分になったため、一旦は廃れてしまいます。

ですが、1980年代の原油価格の高騰によって、頼れる発電なら何でも頼ろうという発想から風力発電が復活し、今にいたるんだそう。

きっと、これで風力発電について語れるほど詳しくなったのではないでしょうか? 明日から友だちに自慢しちゃいましょう。


Image: YouTube
Source: YouTube (1, 2, 3) via Fresh Gadgets

(岡本玄介)