金額にすると、この日のレートで約222円。でも硬貨の数は38枚にも!

写真拡大 (全10枚)

 海外旅行に行くと必ず、小銭を使い切れずに残してしまいます。次に行く時に使えばいいやと思うのですが、なかなかそういう機会が訪れないんですよね。そうこうしている内に、結構な枚数が貯まってしまいました。そこで「ポケットチェンジ」というサービスを利用することに。これは海外の紙幣や硬貨を、国内で使える電子マネーや各種ギフト券に交換してくれるサービス。羽田や中部、関空の国際線を中心に、ホテルや百貨店など、現在、全国15ヵ所で利用できます。

 東京では新宿・歌舞伎町の「歌舞伎城1F」にも端末があるので、出掛けたついでに外貨の交換に行ってきました。「ポケットチェンジ」の対応通貨は米ドル、ユーロ、中国元、韓国ウォン、日本円の5通貨。私は米ドルが73セント、ユーロが39セント、韓国ウォンが910ウォンを交換。ちょっといじわるして、対応していないインドネシアのルピーも400ルピー入れてみました。いったいどうなる?

金額にすると、この日のレートで約222円。でも硬貨の数は38枚にも!

 歌舞伎町の「歌舞伎城1F」は、訪日外国人客向けサービスを集めたインバウンド観光ビル。ゴジラヘッドがある「新宿東宝ビル」のすぐ近く、ゴジラロード沿いにあります。端末はお店の奥にあり、画面のタッチで操作できます。

新宿のゴジラロード沿いにあります

 「ポケットチェンジ」の端末はこんな感じ。歌舞伎城の端末は奥にあって全体を撮影できなかったので、別の写真でご紹介。これは羽田空港国際線ターミナル2F、到着口を出たところにある端末です。

 まずは言語を「日本語」に選択して「Start」。そして交換先サービスを選びます。日本向けには、楽天Edy、Amazonギフト券、LINEギフトコード、iTunesギフト、WAON、ecoPayz(エコペイズ)への交換のほか、ユニセフなどに寄附もできます。私は電子マネーの楽天Edyを選びました。

「Language」を「日本語」にして、「Start」を押します

希望する交換先を選びます

交換可能金額の上限を確認。サービスによっては下限が設定されているケースも

 投入口が開いたらコインを入れます。投入する枚数は1回最大20枚まで。私の場合は枚数が多いので、2回に分けて入れました。この時、コインは全て混ぜて構いません。ちゃんと判断してくれます。今回、紙幣はありませんが、紙幣も投入することができます。

コインを入れた後、フタを閉めると、どの通貨がいくらあるか計算してくれます

いじわるして入れた、400ルピーが発見されてしまいました…。寄附することができるのは初めて知りました。便利!

 全てのコインを入れたら、この内容で構わないか確認。0.73米ドル、0.39ユーロ、910韓国ウォンと、ちゃんと読み取ってくれています。これを楽天Edyに交換すると189円。この段階でほかの交換先に変更することも可能で、LINEギフトコードだと190円になって少しお得になっていました。「確定」したら、後はスマホをかざしてチャージして、レシートを受け取ります。レシートには次に利用する時の交換レートがお得になるクーポンコードが書かれてありました。

外貨の料金と交換先を確認。これで良ければ「確定」を押します

交換先にギフト券やクーポンを選んだ場合は、レシートに書かれてあるギフト番号から操作します

 当初、その日のレートで計算すると約222円だったものが、189円の電子マネーに交換できました。外貨を両替する時には、米ドルで1ドルに付き4円くらいの手数料がかかるものの、ちょっとレートは悪いかなーと思いましたが、外貨を日本円に交換できるのは紙幣のみ。次に使う機会がなければ0円になるので、それを普段使っている電子マネーに交換できるのはむしろお得だと思いました。それに次に利用できる優遇レートも手に入れたので、次に使うのが楽しみです。

※トイレ検索が便利!女子向け地図アプリ『恋するマップ』は実用的だった

■関連リンク
ポケットチェンジ