パンダの顔を見つめる西郷隆盛像(著者撮影)

写真拡大

東京・上野動物園で生まれたパンダの子供「シャンシャン」が人気を集めている。パンダの子供は珍しいものではない。なぜこんなに人気なのか。宗教社会学者の岡本亮輔氏は「明治政府は江戸幕府の聖地を破壊して上野動物園を作った。『上野のパンダ』には日本の近代化の象徴としての意味合いがある」と読み解く――。

■数では負けてもパンダは上野のシンボル

東京・上野動物園で昨年6月に生まれたジャイアントパンダの子供「シャンシャン(香香)」が人気を集めている。2月1日には公開方法がこれまでの抽選式から先着順に変更され、その初日には6000人以上が訪れた。遠方から来てホテルに前泊した人や夜明け前から並ぶ人もいたという。アナウンサーの安住紳一郎さんやタレントの有吉弘行さんなど、パンダ好きを公言する有名人も多い。さらに、先日行われた沖縄県の名護市市長選挙では「パンダ誘致」が公約になり、パンダかインフラかという構図になった。とにかくパンダの人気はすさまじい。

関西の人に言わせれば、「本当のパンダの聖地は和歌山県にあるアドベンチャーワールド」ということになる。たしかに出産数や育成成功数は中国以外で最多を誇り、国内の半数以上のパンダはアドベンチャーワールドにいる。

しかし、数は少なくても、パンダは上野のシンボルだ。動物園に背を向ける西郷隆盛像の視線の先にすらパンダの絵があるくらいだ。いったい、どのようにしてパンダは上野のシンボルになったのだろうか。歴史を振り返って見ると、実は、上野のパンダは聖地破壊と関係していることがわかる。

■明治政府が破壊した「聖地・上野」

地域外の人には通じないことがあるが、上野公園のことを地元では「上野の山」と呼ぶ。江戸時代、上野の山のほとんどは徳川将軍家の聖地・寛永寺であった。寛永寺を創建したのは天海(1536?〜1643)である。天海は、江戸を宗教的に守護するべく、1625年、鬼門にあたる上野の山に寛永寺を築いたのだ。

寛永寺は比叡山を見立ててデザインされた。寺の名が元号であるのも延暦寺にならったものだし、根本中堂や釈迦堂も比叡山がモデルだ。琵琶湖に見立てた不忍池には、弁才天が祀られた。吉野からは桜が移植され、これが現在では桜の名所となっている。さらに清水観音堂・祇園堂・大仏なども造られ、京・奈良・近江の宗教文化が上野山内に集められたのである。

しかし、徳川幕府の治世下、250年も王権の聖地であったからこそ、明治維新の時には、寛永寺は激しい破壊の対象となった。上野の山は、新政府軍と彰義隊が激突した上野戦争の舞台となり、この時の兵火で寛永寺の建物の多くが失われた。戦闘終了後、維新軍の兵士がわざわざ火をつけて回ったとも言われている。

寛永寺には物理的な破壊だけでなく、象徴的な破壊も加えられ続けた。1873年に公園制度が導入され、徳川聖地が狙い撃ちにされた。芝・増上寺、吉宗が整備した飛鳥山、徳川家祈願寺の浅草寺、寛永寺が公園とされた。そして、大衆に開かれた上野公園で、たびたび博覧会が催された。

1877年、第1回内国勧業博覧会が寛永寺の本坊跡で開催された。近代化の推進、言い換えれば江戸からの脱却を目的に、国内物産を集めて競争させ、産業振興を図ろうという催しだ。博覧会には天皇が臨席した。さらに日清日露の戦勝祝いも上野の山で行われ、そのたびに天皇の行幸があった。天皇が上野の山を訪れることで、支配者交代を印象づけたのである。

■東照宮を削って広がった上野動物園

徳川聖地としての上野の山において、もっとも大切な場所の一つが東照宮だ。国と徳川家の守護神としての家康を祀った場所である。東照宮は、さいわい上野戦争でも大きな被害は受けなかった。関東大震災や東京大空襲もくぐり抜け、1651年に家光が改築した社殿が現存している。

しかし、寛永寺の至聖所というべき東照宮の敷地はそれほど広くない。なぜなら、1882年に開園した上野動物園に削り取られたからである。動物園は拡張のたびに東照宮側に敷地を広げた。近代化の象徴である上野の山に、近代科学の展示と教育を行う動物園が作られたのは当然だろう。さらに、その動物園が江戸の旧体制の象徴である東照宮を侵したのも当然かもしれない。

こうして、東照宮は至聖所であるにもかかわらず、動物園のアナウンスや喧噪に包まれるようになった。終戦直後は、動物園に住みかを奪われたホームレスが東照宮に集まり、境内でたき火をするようになってしまう。文化財保護という観点からも、東照宮は動物園に異議を申し立てた。だが動物園側は強気だった。返答は、「維持費不足で荒れ果てるより、東照宮ごと動物園に吸収され、文化財として保護されてはどうか」というものであった。

実際、東照宮の五重塔は動物園に吸収されてしまう。1950年代、上野動物園は、戦争の打撃から回復し、種や動物数においても、1日4万人という入場者数においても、世界屈指の動物園になっていた。この時、五重塔の吸収案が持ち上がった。五重塔の周囲に和風庭園を造り、そこで鹿を放し飼いにして奈良の風景を再現しようというものだった。

結局、この構想は実現しなかったが、五重塔は動物園に奪われたままとなる。現在、東照宮側から五重塔を見上げても、樹木に邪魔されて下層は見えず、動物園内からしか全貌はうかがえない。

■間違ってバカにされたレッサーパンダ

近代化のシンボルである上野動物園に初めてパンダがやってくるのは戦後である。戦前もパンダの存在はぼんやりとは知られていたようだ。ただ、特に戦時中は交戦国の動物ということでかわいく映らなかったとみえる。蒋介石が米国につがいのパンダを贈ったことを伝える「珍獣でご機嫌とり 見るも哀れな蒋夫妻の対米媚態」(読売新聞1941年11月12日朝刊)という記事では、次のように書かれている。

----------

この熊猫とは文字通り熊とも猫ともつかぬ珍妙な獣で支那紙の説明によると、二頭とも全黒色の内に白の斑点があり、毛は密にして長く眼光は爛々として光を放ち、表情は極めて粗野、一見して狼か犬と思われるが四つの掌はさながら熊を思はせ、頭部の動作を見ていると猫のそれによく似ているという獣である

----------

この記事にはパンダの写真も添えられているが、筆者が見る限り、おそらくレッサーパンダである。

本物のジャイアントパンダの来日は1972年10月のことだ。日中の国交回復に伴い、中国から動物大使として寄贈された。パンダ来日のニュースが報じられると、さっそく日本中の動物園が受け入れに手を挙げた。特に大阪は熱心で、天王寺動物園で受け入れるように働きかけた。だが結局、首相の裁断で上野動物園が落ち着き先に決められた。

■パンダの「ポルノ」も問題になった

その後のパンダ・ブームはすさまじい。来日から5年後の1977年、上野動物園は開園95年を迎えたが、毎日3万人がパンダを観覧した。5年間でのべ5000万人の来客があったと推定され、日本人の2人に1人が見たことになる。さらに、地元の台東区住民によって「パンダ愛護の会」という日中友好団体が設立され、新聞にはパンダを怪獣に仕立てた『快傑ライオン丸』を批判する投書が掲載された。

1975年にはパンダのポルノも問題になった。コロムビア映画配給の『アニマル・ラブ』は約300種の動物の性交シーンを集めた作品だが、途中から、上野動物園のカンカンとランランのシーンが追加されたのだ。上野動物園が撮影した動画が無断で流用されたことも問題であったが、「子供の夢を壊すな」という論調で批判された。現在の感覚では、パンダの性交を隠すことが子供の夢を守ることには特につながらないようにも思えるが、当時、パンダは文字通りのアイドルだったのである。

1979年、ランランが急性腎不全で危篤になると都知事が見舞いに訪れた。亡くなった時には、各新聞が1面で取り上げ、テレビのリポーターは涙ながらにその死を伝えた。ランランが実は妊娠していたことが悲しみに拍車をかけ、生命の尊さまでがランランに託して語られたのである。

■『パンダと覚せい剤』というノンフィクション

1982年には、さくら隆『パンダと覚せい剤』(共栄書房)というノンフィクションが出版されている。パンダの覚醒剤使用疑惑を論じた本ではない。帯には次のようにある。

----------

パンダブームで一番儲かるはずの男竜二はその時覚せい剤に溺れていた…
(中略)
あなたの身辺に忍び寄る覚せい剤の恐怖!
中毒患者は50万人以上、弱年層にも浸透!
トルコ嬢との悲恋、暴力団の暗躍、悪徳警官の陰謀が織りなす暗黒社会の実態を、その泥沼から這い上がりパンダ焼きで更生した中毒患者が覚せい剤悲劇を根絶すべく執筆の異色作

----------

覚醒剤取引を中心に、当時の上野界隈の裏社会を当事者目線で書いた作品だ。著者は、明治から上野の山で茶店を営む家に生まれたが、大学生の頃、暴力団と関わるようになり、覚醒剤の使用と売買に手を出すようになってしまう。恋人の自殺、後遺症などに苦しみながら、最終的にはパンダ・ブームに乗って店を立て直して更生する話だ。1980年のホアンホアン来日がもたらした当時のパンダ・ブームは、裏社会の人間にまで影響する政治経済的な現象だったのだ。よく考えるとパンダと覚醒剤は直接的には関係ないのだが、それにしても強烈なタイトルである。

上野の山は、江戸から東京へという近代化の震源地であり、聖地破壊が徹底的に行われた場所である。そして、上野動物園は古い徳川体制の終焉を印象づけるように拡張してきた。その意味では、繁殖育成の難しい希少種、つまり近代科学によってはじめて飼育が可能になるパンダが上野にいることは、歴史的必然なのかもしれない。

----------

岡本 亮輔(おかもと・りょうすけ)
北海道大学大学院 准教授 1979年、東京生まれ。筑波大学大学院修了。博士(文学)。専攻は宗教学と観光社会学。著書に『聖地と祈りの宗教社会学』(春風社)、『聖地巡礼―世界遺産からアニメの舞台まで』(中公新書)、『江戸東京の聖地を歩く』(ちくま新書)、『宗教と社会のフロンティア』(共編著、勁草書房)、『聖地巡礼ツーリズム』(共編著、弘文堂)、『東アジア観光学』(共編著、亜紀書房)など。

----------

(北海道大学大学院 准教授 岡本 亮輔)