画像提供:マイナビニュース

写真拡大

本連載では、「よく使うけど忘れやすいMicrosoft Officeの操作」をキーワードに、Officeアプリケーションの基本操作や各種機能の使い方を解説していきます。今回は、Excelの表から指定した条件の項目だけを抽出する手順を確認していきます。品名や名前などを指定して表示を絞り込めるなど、応用範囲の広い操作といえるでしょう。

本連載は、記事執筆時点で最新の状態にアップデートしたMicrosoft Office 2016をもとに制作しています

○「オートフィルター」機能を活用する

Excelの表にデータを追加し続けていくと、情報量が増えて、あとから特定のデータを確認するのが面倒になってしまうことがあります。Excelには、条件を指定して、合致する項目だけを表示させる「オートフィルター」機能が搭載されており、この機能を使うことで特定のデータを簡単に抽出することができます。

「フィルター」ボタンのプルダウンメニューにはその列にあるデータが一覧表示されますが、データ項目のテキストを入力して抽出することも可能です。また、「データ」タブの「フィルター」アイコンをもう一度クリックすると、「フィルター」ボタンを消すことができます。