日本で初めてスキーに挑戦する中国人の子どもたち(写真提供:王芳氏)

「中国では今、ものすごい勢いでスキー人気が盛り上がっています。2022年に北京で冬季オリンピックが開催される影響が大きく、政府もスキー人口を増やそうとしているようです。今後、パウダースノーで雪質が柔らかい日本に、もっと中国人がやってくるのではないでしょうか」

平昌オリンピックの直前、日本国内のスキー関係企業でインバウンド対応を行う担当者に取材してみると、こんな答えが返ってきた。担当者によると、ここ数年、北京や大連などの大都市には、スキー愛好者たちによるクラブやサークルが次々とでき始めており、日本に続々とスキー旅行にやってくるようになったという。

スキーはほぼ「テレビの中でしか見たことがない」

「クラブの中心的な人がエージェントもやっていて、SNSで募集して、ツアーを組むんです。日本で人気のスキー場といえば北海道ですが、それ以外のスキー場にもけっこう訪れていて、中級者から上級者も少しずつ増えてきました。中にはリゾートホテルに泊まりながら1〜2週間もスキーを楽しみ、数百万円も使う富裕層もいますよ」というから驚きだ。

そういえば、1月に長野県・志賀高原で滑落した日本人女性を救助して、自身も遭難後に助かった60代の中国人男性がいたことがニュースになったが、彼は東北部の黒竜江省出身のスキーヤーだった。

実は中国人にとってスキーはポピュラーなスポーツではない。スキーになじみのある人はほとんどいなかったといっても過言ではない。

東北3省(黒竜江省、吉林省、遼寧省)をはじめ、北京などでは雪が降り、東京よりかなり寒い地域も多い中国。しかし、日本の北海道や東北、甲信越地方の一部で行われているような「スキー教室」やスキーの授業があるわけではなく、中国の大学にもスキーサークルはほとんど存在しない。

ウエアや用具にも費用がかなりかかるため、これまでスキーはごく一部の富裕層か、オリンピックを目指す才能のある人だけしかできない特別なスポーツだった。上海以南など、雪がほとんど降らない南方に住む人々にとって、スキーはほぼ「テレビの中でしか見たことがない」ものでもあったのだ。

ところが、2015年に北京冬季オリンピックの開催が決定して以降、急速に状況が変わってきた。北京郊外や河北省、東北部などに次々と新しいスキー場が建設され始めたのと同時に、経済的なゆとりができてきた富裕層の間で、にわかにスキーブームが巻き起こってきた。


スノーモービルなども人気だ(写真提供:王芳氏)

2年ほど前まで北京に駐在し、現地のスキークラブに所属、中国人のスキー仲間がいるという日本人男性が語る。

「北京から日帰りできる距離に密雲県南山のスキー場がありますし、車で3〜4時間の場所に有名な河北省崇礼スキー場、万龍スキー場、オリンピック会場になる予定の雲頂スキー場などがあります。

有名スキー場には中上級のスキーヤーもいるのですが、私が見たところ、南山などは5割がまだ初心者でした。初心者用のゲレンデに行く途中のスノーエスカレーター付近では、係員が転んだスキーヤーを親切に起こしてあげたりしていました。ゲレンデ食は意外といろいろなメニューがそろっており、これからもっとスキーヤーを増やしていきたいという雰囲気でしたね」

オリンピックを前にスキー場建設というインフラ整備が一気に進むなか、あらゆるものに興味津々の富裕層たちが「未知のスポーツ・スキー」に飛びついた。これが、ブームを牽引しているようだ。

国内のスキー場だけでなく海外にも

だが、中国国内にあるスキー場は乾燥地帯にあり、ほとんどが人工雪。そのため雪質が非常に硬いという。スキー場の気温も日本よりもかなり低く「寒すぎて、滑っていてつらい」(冒頭の担当者)そうだ。それでも、富裕層のスキー経験者は国内のスキー場にかなり通っていて、前出の元駐在員の男性によると「駐車場にはBMWやベンツなどの高級車がズラリと並んでいた」という。

冒頭の担当者によると、年齢は初心者だと20代、中級以上になると30〜50代の富裕層が多い傾向があるが、次第に国内だけでなく海外にもスキーに行き始めたという。行き先はスイスやカナダ、アメリカ、そして、距離的に最も近い日本だ。

日本のスキー場の雪はパウダースノーといわれる自然の粉雪で、ふかふかなのが特徴。そこで「日本には雪質がよいスキー場がたくさんあって初心者が始めやすいうえに、温泉、雪景色、日本食もプラスアルファで楽しめるために、急速に注目が集まってきた」(冒頭の担当者)というわけだ。

そんな中、スキーに関心を持ち始めた初心者の中国人親子などを対象に、彼らを日本のスキー場に呼び込もうという「スキーインバウンド」の取り組みが始まっている。行っているのは長野県の「黒姫高原スノーパーク」など各地でスキー場を運営しているマックアースだ。

同社では2017年から中国人のインバウンドに力を入れ始めていたが、黒姫では2017年末に親子ツアーを、2018年初めに子どもだけのツアーを開催。5〜13歳までの子どもとその親たちが北京や上海から参加して、初めてのスキーを楽しんだ。

同社執行役員・CEO室長の王芳氏によると、参加人数は各10人。SNSで募集して、日程は3泊4日。内容は雪遊び、ソリ遊び、スノーモービル体験、スキーレッスン、そば打ち体験、温泉など盛りだくさんだったという。

参加費用は日本円で1人約8万円。新幹線代、宿泊費も込みの料金で、インストラクターもいるという。「参加者はみんな大満足でした。スノーキャット(雪上車)に乗って満天の星空を見に行くツアーでは、子どもたちが大喜び。スキーを習うのがもちろん目的なのですが、雪合戦や雪だるまを作るなど、中国ではやったことがない遊びも含め、雪に親しんでいただけたと思います」と王氏は語る。

北京から参加した親子も「北京でも雪は降りますが、多くはないので、スノーモービルやソリ遊びをすることが楽しみでしたが、何よりも感激したのはスノーモンキー!(笑) 。テレビで見たことはありましたが、まさか本当に猿が温泉に入っているとは……。スキーをしていない時間でも、すぐそばでお湯につかる猿を見られて楽しかった」と話していた。

日本旅行の「体験」のひとつに

参加した子どもの多くは、北京や上海のインターナショナルスクールに通っていて、海外旅行にも慣れている富裕層だが、これまでスキーをした経験はなかったようだ。前述したように、日本にはスキー以外にも雪がある場所でのアクティビティが豊富にあるため、初心者にとっては、スキーが目的で来日するというよりも、日本旅行の“体験”のひとつにスキーや雪遊びも加わった、といったほうがいいかもしれない。

中国人富裕層の多くは「自分の子どもには勉強だけでなく、海外にも連れていき、さまざまな経験をさせてあげたい」と思っており、中国国内ではまだあまり盛んではないスポーツやレジャーもそのひとつだ。

よく知られているように、日本のスキー場は低迷が叫ばれている。総務省のデータによると、日本のスキー人口のピークは1992年の約1860万人をピークに減少し始め、2013年には770万人まで減少した。一方、「中国スキー産業白書」によると、中国のスキー人口は2016年に約1500万人で、前年比20%増となっている。日本のピーク時とほぼ同じだが、中国の人口は日本の約10倍なので、これでもまだ多いとはいえない。

中国政府は2022年のオリンピックを見据え、スキー人口を4500万人にまで増やしたいという見通しを示しているが、まだ統一したスキー検定などもなく、インストラクターの養成も急務。さまざまな課題を抱えながら、一気に動き出している段階だ。

日本ではバブル期のピーク、1980年代後半に公開された映画『私をスキーに連れてって』や松任谷由実のヒット曲もあって、爆発的なスキーブームが始まった。前後して関越自動車道や東北新幹線の開通もあり、大学生や社会人がスキー場に押し寄せた。バブル世代の中には、スキーは青春時代の思い出そのもの、という人も多いだろう。

しかし、1998年、長野冬季オリンピック直後からスキー小売業の倒産、撤退が相次いでいき、日本のスキーブームは下火となっていったが、中国では日本から約30年遅れてスキーブームが到来した。

ブームの兆しを見込んで

中国ではオリンピックが契機というところが日本と異なるが、経済成長によって社会が成熟し、リゾート開発や道路建設が急ピッチで進み、おしゃれな雰囲気のあるスポーツに興味を持つ人が増えてきた、という点では、共通するところが多い。


こうした隣国に芽生えたブームの兆しを見込んでなのか、今年、国内では14年ぶりとなる新設のスキー場が兵庫県にオープンしたり、新潟県でも閉鎖していた施設が11年ぶりに再開業するというニュースが流れた。

兵庫県の「峰山高原リゾート ホワイトピーク」を管轄する兵庫県神河町・地域振興課の担当者によると「大阪のなんばから直行バスで2時間とアクセスがいい。マップに中国語表記を加え、英語のインストラクターもそろえるなど、インバウンド誘致には力を入れている」と期待を込める。

前述した王芳氏によると「中国の大都市に住む子どもにとって、木登りやハイキングすら貴重な体験」であり、日本では当たり前の遊びも、中国ではまだ難しい面がある。日本はスキー場施設の老朽化などの問題があるが、「同じスキー場の景色でも、日本で見る雪景色や山脈は新鮮で、中国人から見たら感動するポイントがたくさんある」という。デザインが豊富な日本のスキーウエアも中国人に人気の的だそうだ。もしかしたら、こんなところにも着目したら、もっと中国人スキー客を取り込める可能性があるのかもしれない。