ハワイ諸島最大の島であるハワイ島は、「ビッグアイランド」の愛称でも知られる。その西岸、コハラコーストにたたずむのが、「フォーシーズンズリゾート フアラライ」。このラグジュアリーリゾートを拠点に、この島を遊び尽くします。

 第5回は、リゾート内の個性的なプールたち、癒やしのスパ、そして客室をご紹介します。

敷地内のプールはどれも個性的!


レセプションの前からは「ビーチツリープール」越しに太平洋を望むことができる。

 広大な敷地をもつ「フォーシーズンズリゾート フアラライ」には、なんと7つものプールがある。そのうちのひとつ、4000匹を超える魚たちと一緒に泳ぐことができる海水プール「キングスポンド」は、既に第2回の記事でご紹介したので、残りの6つのプールをご紹介しよう。


「ビーチツリープール」は、リゾートのほぼ中央にあるメインプールだ。

 まず、レセプションがある高台から海を眺めると、その正面に四角いプールがみえる。「ビーチツリープール」だ。

 カバナが14棟あるのでプライバシーを確保しながらくつろぐことができる。レストラン「ビーチ・ツリー」が隣接しているので、喉が乾いたりお腹が空いたりしたときはこちらへ。


「シーシェルプール」はゆるやかな曲線がエレガント。

 海に向かって右に進むと、こんどはゆるやかな曲線を描く「シーシェルプール」がある。


プールサイドには冷たいフルーツウォーターとビーチタオルが用意されている。

 このプールの海側はインフィニティエッジになっていて、海と一体になって見える造り。岩からしたたり落ちる滝があったり、ヤシ葺きのカバナがあったりして、トロピカルな雰囲気となっている。おもちゃが用意されている「お子様用ケイキプール」やジャグジーが併設されているので、子供連れのファミリーにぴったりのプールだ。


ビーチ前の淡い色の浅瀬は「オーシャンプール」。

 「シーシェルプール」の前の海はエメラルドグリーンで、他の場所より明るい色の遠浅になっている。実はここ、溶岩を長方形に切り出した人工の浅瀬、「オーシャンプール」なのだ。

 水深は0〜1.5メートルで奥行きは200メートル。ときおりカメなどが訪れるという。安全に海の生き物たちと触れ合うことができる、プールと海の両方の長所を兼ね備えた海水プールなのだ。このプールの先には前述の「キングスポンド」がある。


「フアラライスポーツクラブ&スパ」にある「ラッププール」。

 レセプションの裏手、ビーチと反対側にあるのが温水の「ラッププール」。

 スパやフィットネスセンターがある「フアラライスポーツクラブ&スパ」の中にある。全長25メートル、水深は1〜2.1メートル。4本のレーンがあるので、本気で泳ぎたい人はこちらで。


「パームグローブプール」は大人専用のプール。

 「ビーチツリープール」から海に向かって左側にあるのは、21歳以上のみの大人専用の「パームグローブプール」。

 木製のプールサイドは玄武岩板張り加工が施されていて高級感があり、ジャグジーも併設。スイムアップバーでは、特製シェイブアイスやカクテルを楽しむことができる。


ライトアップが美しい夜の「パームグローブプール」。この日は、プールの前のビーチでビーチディナーを楽しむグループが見えた。

 毎日お気に入りのプールでくつろぐか、プールホッピングをするか、「フォーシーズンズリゾート フアラライ」は、プールだけでもさまざまな楽しみ方ができるリゾートなのだ。

緑に囲まれたスパでキレイを磨く


レセプション横にあるラウンジ。

 「フォーシーズンズリゾート」をリピートするゲストで、スパを楽しみに訪れる人は少なくない。施設の充実度、技術の高さともに世界トップレベルのスパだ。


前ページでもご紹介した「ラッププール」で泳いでから、使った筋肉をマッサージでほぐすというのもいい。

 実は、私がこのリゾートに初めて滞在したのは10年以上前、「CREA Traveller」の「極上ハワイでキレイを磨く!」というテーマのとき。ハワイで取材した多くのスパのなかで、「フアラライスパ」は、特に印象に残ったスパのひとつだった。


サウナや水風呂、シャワーも完備している。アウトドアで気持ちいい。


スチームルーム。トリートメント前に身体を温めるとマッサージ効果が高まるのでオススメだ。ドライサウナもある。

 最大の特徴は、緑の中に点在する「アウトドアハレ」。スパ施設だけで2600平方メートルの広さがある。ビルディングタイプのホテルが多いハワイのなかで、ことさらリラックスできる雰囲気のトリートメントルームとなっている。

 リラクゼーションエリアには小川のせせらぎが再現されていてマイナスイオンたっぷり。自然の中で癒してくれるスパなのだ。


緑の中にあるトリートメントルーム「アウトドアハレ」。


メイン棟にあるトリートメントルーム。中庭がある。

 マッサージのメニューは、ハワイならではの腕を使って強めに凝りをほぐしてくれる「ロミロミ」や、温・冷のストーンを使った「フアラライアイランドストーンマッサージ」をはじめ、クリスタルシンギングボウルをつかった「スイートドリーム」、「タイ式マッサージ」、セラピストが天井のバーに摑まって足でマッサージする「足圧」、など16種類。客室に呼ぶこともできるが、できればスパの雰囲気の中で受けたい。


全身を水圧でマッサージするヴィシーシャワー付きのトリートメントルームもある。


トリートメントが終わると案内されるリラックススペース。水が流れる音が気持ちいい。

 ほかにも、火山泥や深海クレイを使ったトリートメント「アポセカリーマッド&クレイモザイク」や、アロエを使ったラップ、コーヒーを使ったスクラブなど、ハワイ島らしいメニューがズラリ。古代ハワイアンの叡智が生かされている。

 ほかにも、最新のテクノロジーとコスメを使ったフェイシャルや、ネイル、ヘアケアなど、美しくなるためのメニューは目移りしてしまうほど。キレイを磨いてほしい。


スパで使われている化粧品は購入することもできる。

豪華なヴィラで王様気分を満喫


敷地内には2階建ての客室棟が並ぶ。

 世界各地にある「フォーシーズンズリゾート」のなかで、ハワイ島の「フォーシーズンズリゾート フアラライ」は、もっとも稼働率が高いリゾートのひとつ。その最大の特徴は、客室棟がビルではなく、広大な敷地にコテージのように並んでいるということだ。


1戸4室の2階建て客室棟のベッドルームは同じ造り。ラナイ、バスルーム、眺望に違いがある。

 客室数は243室。2階建ての1戸4室の客室棟のゲストルームと、ラグジュアリーなスイートとヴィラが緑の中に佇んでいる。すべての客室から海を眺めることができるというのも人気の理由。なかには、ゴルフ場越しやプール越しに海が見える客室もある。


2階の客室の眺め。この客室からは、大人専用の「パームグローブプール」と海が見える。

 客室インテリアはハワイ黄金時代の趣を有し、木製の家具や、ナチュラルな色使いが心和ませてくれる造り。


2階の客室のバスルーム。洗面台が2台と大きなバスタブがある。


客室アメニティはフランスの自然派化粧品ブランド「ロクシタン」。バスソルトも毎日補充してくれる。

 2階建ての客室棟は、2階の客室には眺めのいいバルコニーがあり、1階の客室には深いバスタブつきのバスルームと、溶岩を使った屋外ガーデンシャワーがある。室内は同じ造りなので、どちらか選びたい場合は、予約やチェックインの際にリクエストしておくといい。

 ヴィラやスイートは、全室眺めや造りが違う。ホームページに見取り図も掲載されているので、好みの客室をゆっくり選ぶことができる。


「ハワイロア プレジデンシャルヴィラ」のリビングルーム。広い!

 今回ご紹介するのは、なかでももっとも豪華な「ハワイロア プレジデンシャルヴィラ」。ハワイ島の初代国王の名前が付けられたヴィラで、前回ご紹介したレストラン、「レジデンツ・ビーチハウス」のすぐ隣の、海に面した一角にある。


「ハワイロア プレジデンシャルヴィラ」のマスターベッドルーム。ハワイ黄金時代の面影を残したインテリアだ。

 3ベッドルームの客室は総面積が513平方メートル。スイート専属のコンシェルジュサービスも利用できる。それぞれのベッドルームからは海を望むことができ、バスタブつきのバスルームも完備。中央のリビングはソファやダイニングテーブルがあり、ラナイ(バルコニー)にはプライベートプールやデッキチェアがある。


ラナイにあるプライベートプールからは海が正面に見える。

 大人5人、もしくは、大人4人と子供4人まで宿泊できるので、グループや家族連れにオススメだ。


ヴィラ、スイートの宿泊ゲスト、ハネムーナーなどの客室には凝ったウェルカムスイーツがサービスされる。この金色のタコはチョコレート!

Four Seasons Resort Hualalai
(フォーシーズンズリゾート フアラライ)
所在地 72-100 Ka‘upulehu Dr., Kailua-Kona, Hawaii
http://www.fourseasons.com/jp/hualalai

文・撮影=たかせ藍沙