担当医が患者の状況を遠隔でモニターし、問題なければ「いいね」マークを表示(東大提供)

写真拡大

 東京大学大学院工学系研究科の染谷隆夫教授らは、大日本印刷と共同で、皮膚上に貼り付けられる薄型で伸縮自在な「スキンディスプレー」を開発した。スキンセンサーで計測した心電波形をスキンディスプレーに動画表示できる。スキンセンサーとスキンディスプレーを一体化したシステムは、子どもや高齢者などの生体情報の取得に効果的で、在宅ヘルスケアなど多用途の応用を開く。

 独自の伸縮性ハイブリッド電子実装技術により、16個×24個のマイクロ発光ダイオードと伸縮性配線をゴムシートに実装した。厚みは約1ミリメートルで、繰り返し45%伸縮させても電気的・機械的特性が損なわれず、伸縮が自在。皮膚に直接貼り付けても人の動きを妨げることがなく、装着時の負担が少ない。

 従来手法では、硬い電子素材と柔らかい電子素材が混載されたゴムシートを伸ばすと、接合部分に大きな応力が集中し、すぐに故障してしまう。開発技術は、この応力の集中を避ける構造を採用し、機械的な耐久性を格段に向上した。

 スキンディスプレーを皮膚にフィットするように装着した状態で、スキンセンサーによって計測した心電波形の動画を表示できることを確認した。

 今後、大日本印刷はデバイス構造を最適化し、高集積化、大面積化などの課題を解決して3年以内の実用化を目指す。

 自宅や介護施設、病院などの場所を問わず、いつでもどこでも簡単に、正確に生体情報をモニタリングし、その情報にスムーズにアクセスできる技術が求められている。

 米科学振興協会年次大会で発表した。