経営再建中の三菱製紙に約100億円を投じる王子ホールディングスの矢嶋進社長(左)。ほくほく顔の三菱製紙の鈴木邦夫社長(右) Photo:JIJI

写真拡大

 過去18年間、自ら墓穴を掘り続けて経営が迷走した三菱製紙の鈴木邦夫社長が、まさかの高評価を得ている。

 2月6日、国内製紙最大手の王子ホールディングスは、実質的に経営再建中の三菱製紙に33%出資して持ち分法適用会社にする方針を発表した。王子HDは約100億円もの大金を投じて三菱製紙の筆頭株主になるも、議決権は3分の1未満に抑え、三菱ブランドは維持される。原材料の共同調達や、国内外の生産拠点の統廃合までを視野に入れた協働を進めていく。

 以前から、業界首位の王子HD(2018年3月期の連結売上高予想1兆5000億円)と、同6位の三菱製紙(同2010億円)は業務提携を進めてきた。

 最近では、16年3月に国内最大級のバイオマス発電所を共同運営する新会社(19年7月に稼働予定)を立ち上げ、17年6月にはティッシュペーパーなどの家庭紙事業で新会社(19年4月に稼働予定)を設立している。鈴木社長は、業務提携の既成事実を積み重ね、粘りに粘って資本提携の拡大に持ち込んだのである。

 すでに王子HDは、三菱製紙に対して2%出資しているが、今回さらに踏み込んだことで、出資比率を33%に引き上げることに成功した。王子HDという“後ろ盾”を得たことが、三菱製紙の“大金星”なのだ。

 社内に対して、鈴木社長は「現時点で、三菱製紙が取り得る最良の方策であると信じております」という主旨の長文のメッセージを発した。同社は、社長3代に亘(わた)って低迷を続けてきたが、ようやく一筋の光明(こうみょう)が差したことになる。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)