上空から見るとMacBookにそっくりな外観が建築中から話題となったアメリカ・シカゴのApple Storeのガラス壁に、大きな亀裂が走っていると来店者が報告しています。

ガラスの壁に大きなひび

シカゴのミシガン通りに昨年10月にオープンしたばかりのApple Storeですが、その特徴のひとつでもある巨大なガラスの壁に、大きな亀裂が走っている様子が報告されています。
 
米メディア9to5Macのライター、そして同メディアの読者が撮影した写真と彼らの報告によれば、亀裂は数週間にわたり放置されたままで、しかも少しずつ大きくなっているようです。
 

屋根を温めるシステムが機能しないトラブルも

シカゴ・ミシガン通り店でのトラブルは、これが最初ではありません。年末には、屋根全体を温めるシステムがソフトウェアの問題で一時的に機能せず、屋根に雪が降り積もって危険な状態となり、一部敷地内の閉鎖を余儀なくされています。この冬シカゴは例年より多い雪に見舞われており、ガラスの壁に入ったひびも雪の影響かも知れません。
 
またガラスを認識できない渡り鳥の衝突が相次ぐとして野生動物保護団体から抗議を受け、渡り鳥の移動期間中は夜間の照明を落とすことで対処する、といった出来事もありました。
 
Appleの新本社屋であるApple Parkでも、従業員がガラスの間仕切りに衝突する事故が多発しているという報告を考えると、見た目は美しくても、全面ガラス張りというのは実用面ではマイナスが多いのかも知れません。
 
 
Source:9to5Mac
(lunatic)