長く付き合っていると、どうしてもエッチもマンネリになりがち。特に、家でのエッチだと体位もワンパターンになって飽きてしまうことが多いのではないでしょうか……。エッチ上手な女子がマンネリを回避するために工夫していることを聞いてきました。

文・上岡史奈

マッサージからそのまま…

「普段は彼から襲われることが多いんですが、生理前などムラムラしているときは『マッサージしてあげる』と彼を寝かせて、その流れで自分が上になって襲っちゃいます」(27才/ゲーム会社勤務)

激しくされたい日もあれば、優しくされたい日もある。いつもワンパターンのエッチでは、気持ちよさを追求するのは難しいでしょう。

自ら積極的に動くことで、自然な形で気持ち良いポイントを伝えられるのが女性主導のエッチの良い点です。

マッサージなど、二人の間で“エッチしたいサイン”が決まっていると女性も大胆になりやすいですね。

体位を変えるタイミング・激しさの希望を伝える

「せっかく気持ちよくなってきたタイミングで、体位や腰の動きを変えられるとイケなくて欲求不満になっちゃいます。そのまま続けて欲しいときは『イキそうだからそのまま続けて』って言うと喜んでそのまま頑張ってくれますよ」(26才/ネイリスト)

単調な動きを続ける男性も微妙ですが、体位などコロコロ変える男性にも問題がありますね。しかしそれは、どの体位が良いかしっかり伝えていないから彼も分からないのかもしれません。

自分の気持ち良い体位になったときに「もっと……」と伝えることで彼も学習してくれるでしょう。

エッチする場所を変えてみる

「2人で酔っ払って帰ったとき、ムラムラした気分になって玄関先でそのままエッチする流れに。後ろから攻められ、普段とは彼のモノが入ってくる角度が全然違って興奮しちゃいました」(28才/ヨガ講師)

「『今日はエッチしたいな』というときは、彼がお風呂に入っているところに『私も入ってもいい?』と押しかけて襲っちゃいます。向き合った座位でのエッチが好きなのを、さりげなく伝えたらベッドでもしてくれるようになりました」(29才/インテリア業界)

いつも同じベッド、同じシチュエーションでは飽きないエッチを続けるほうが無理ですよね。旅行に行ったりホテルに行ったりというのも良いですが、ベッドでのエッチにこだわらないことで様々な体位を楽しめるはず。

恥ずかしくて無理……という方は、たまにはお酒の力も借りてみるのも良いですね。

自分好みの体位を見つけたら「あのときの、あのエッチが気持ちよかった」ときちんと伝えることも大事ですよ。

(C) nd3000 /Gettyimages(C) gpointstudio /Gettyimages(C) andrey_l /Gettyimages