君なしじゃ生きられない♡彼氏を自分に「依存させるテクニック」4選

写真拡大

「自分は彼氏のことが大好きだけど、彼はそうでもない」という女子はいませんか?
彼氏をあなたに依存させるテクニックを、4つご紹介します。
ぜひ彼にやってみてくださいね。

●(1)甘やかし尽くす

『疲れていたりする時など、男にも甘えたくなる時はあります。そんな時優しくしてくれる彼女はずっと一緒にいたくなると思います』(26歳/飲食)

大好きな彼女に甘えたいという男性は多いです。
でも男性はプライドが高いので、甘えるなんてかっこ悪いと思っていることも。

そんな彼を甘やかし尽くす女性なら、彼も手放したくないと思いますよ。
手料理を作ってあげたり、マッサージしてあげたり、彼が喜ぶことをたくさんしてあげましょう。
彼も優しいあなたにメロメロになるハズ。

●(2)頼る

『普段しっかり者の彼女だからこそ、頼られるといっそう守ってあげたいなと思います』(28歳/教師)

男性は頼られたい生き物。
かわいい彼女から、頼りになると思われたいのです。
いつも頼られると、男性としての自尊心もくすぐられ、彼も気分がいいものですよ。

家具の移動から買い物まで、何でもいいので彼に頼るようにしてみましょう。
「自分がいないとダメなんだな」と、彼もますますあなたを守ってあげたくなります。
頼りにしてくれる彼女がいると、彼も手放したくなくなるハズ。

●(3)怒らない

『細かいことでいちいち注意されると「お前は俺の母親か」と言いたくなります』(31歳/営業)

しょっちゅう彼に怒っている女子はいませんか?
「彼が私に怒られるようなことをするから、しかたない」という女子もいるでしょう。

でもしょっちゅう怒っていると、彼もしだいにあなたといるのが苦痛になってきます。
基本的に男性は、根本的には変わらない生き物。
彼女に怒られて行動を改めることがあったとしても、根本的な考えは変わりません。

怒るよりもすねたり、距離を置いたりするほうが効果的ですよ。
彼も急に距離を置かれたら、何か悪いことをしたのかと、自分の行動を顧みるキッカケになります。

●(4)ときどき思い通りにならない

『男は基本的に追われるよりも追いかける恋愛が好きです。たまに振り回されるくらいの関係でいいと思います』(32歳/銀行)

何でも相手の思い通りにしすぎても、男性は調子にのってしまうもの。
何でもかんでもいうことを聞くのではなく、彼が無茶なことを言ってきたら断ることも大切。

またあまりにも、あなたが我慢しすぎても、2人の関係が長続きしません。
たとえばあなたがその気じゃないのに、彼が強引にエッチを求めてくる場合は断ってOK。

「断ると彼の機嫌が悪くなるから」と、したくもないのに毎回彼につきあう必要はありません。
それで彼が不機嫌になっても、「あ、機嫌が悪くなってるわ」くらいに思って流しましょう。
彼も少々思い通りにならない女のほうが、振り向かせようとがんばってくれますよ。

----------

彼氏を依存させるテクニックを、4つご紹介しました。
普段は彼を頼り、甘やかすようにして、彼の「理想の彼女」になるよう心がけましょう。
ときには距離を置いたり、思い通りにならなかったりして、彼をやきもきさせて。

(文/恋愛jp編集部)