オリエンタルランドは、スマートフォンで購入したチケットを画面に表示し入園できる「ディズニーeチケット」の新サービスを2月20日から開始する。

利用イメージ (C)Disney

 新サービスでは、スマートフォンでパークチケットを購入した後、画面に表示される2次元コードを入園ゲートにかざせば、そのまま入園が可能になる。家族やグループのチケットをまとめて購入した場合でも、メールやLINEなどでシェアして、それぞれのスマートフォンに表示すれば入園できる。また、パーク内の待ち時間を有効に使える「ディズニー・ファストパス」や「ショー抽選」にも対応する。

 これまで「ディズニーeチケット」では、パソコンから購入してプリンターで印刷するか、スマートフォンから購入した場合はチケットを配送で受け取る必要があった。

 「ディズニーeチケット」の購入は、東京ディズニーリゾートのWebサイト内にある「東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイト」のスマートフォン版から。購入にあたっては無料のユーザー登録と、本人名義のクレジットカードが必要。

 取扱券種は、「1デーパスポート」「シニアパスポート」「夜間パスポート(アフター6パスポート/スターライトパスポート)」、一部の特別販売プログラムパスポートとなっている。