日本酒人気も相まって、居酒屋に足を運ぶ人が増えている。でも、どうせなら佳酒佳肴が揃い、しかもコスパに優れたお店に行きたいもの……そこで、居酒屋担当スタッフが総力を挙げて探してきた穴場的な三ツ星店を紹介します!

KOU(最寄駅:池袋駅)

出典: https://matomeshi.jp/articles/1764

『KOU』の 合鴨のロース煮 432円
焼き鱧寿司 432円
蛸と大根の炊き合わせ・振り柚子 486円
白露垂珠 熟成古酒 825円

アトランタの日本総領事館でも腕をふるった経験を持つ、腕利きの料理人、店主・三村さんが作るのは、見た目も味も洗練された正統派の和食。それをなんと324円〜という手頃な価格で楽しめるのだ。その時々でラインナップを変える日本酒は常時7〜8種と、数こそ少ないものの、料理を引き立たせる厳選したものを置いている。ウマい肴に酒が進むこと間違いなし!

出典: matomeshi.jp
出典: https://matomeshi.jp/articles/1764

東京都豊島区池袋4-4-5 
[TEL]080-3023-6298 
[営]18時〜23時頃 
[休]不定休 
[席]カウンター7席 計7席/禁煙席なし/カード不可/予約可/サなし、お通し代324円別 
[交]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩10分

UOK(裏KOU)(最寄駅:池袋駅)

出典: https://matomeshi.jp/articles/1765

『UOK(裏KOU)』の 黒鯛のおくら蒸し梅肉餡がけ 540円
鴨ロースの山椒味噌煮 432円
豚の角煮・煮玉子・辛子 432円
こんな夜に…雷鳥 純米生 グラス411円

KOUの2号店としてオープンした。こちらもカウンターのみのこぢんまりとした店で、本店に勝るとも劣らない上質なつまみでもてなしてくれる。日本酒は軽やかな飲み口のものから重厚感あふれるものまで味のバラエティに富んだ品揃えで、料理との相性もピタリと決まる。また、こちらはランチ営業も行っており、写真の豚の角煮やもつ煮込みを、おかわり無料のご飯やスープと共に定食(750円〜)で味わえる。

出典: matomeshi.jp
出典: https://matomeshi.jp/articles/1765

東京都豊島区西池袋1-32-8青木ビル1階奥/
[TEL]080-9669-5473 
[営]12時〜15時(売り切れ次第終了)、18時〜24時 
[休]日 
[席]カウンター7席 計7席/昼は全席禁煙、夜は禁煙席なし/カード不可/夜のみ予約可/サなし、お通し代324円別 
[交]JR山手線ほか池袋駅北口から徒歩1分

日本酒 はなたれ(最寄駅:恵比寿駅)

出典: https://matomeshi.jp/articles/1766

『日本酒 はなたれ』の 海おでん と 丹澤山 阿波山田錦 麗峰 1合1080円
穴子 540円 あわび 626円 焼きなす 432円 葉山牛スジ 540円 半熟味たまご 216円
※仕入れによりおでんの値段は変更することもある

それぞれの素材に合わせて煮こみ時間を変えて、食感や風味をいかしているのが特徴だ。神奈川県・佐島漁港や横浜中央市場から毎日届く、近海で穫れた地魚をはじめとした刺身も抜群の旨さ。日本酒は季節にあわせて常時20種類程度を揃えており、海おでんには米の旨みが広がる熱燗を合わせるのが店主のオススメだ。また、蔵元で特別に仕込んだ「昇龍蓬来はなたれ限定純米吟醸」は刺身などの魚料理に合わせて楽しみたい。

出典: matomeshi.jp
出典: https://matomeshi.jp/articles/1766

東京都渋谷区恵比寿1-26-12 フラット16 1階 
[TEL]050-3590-8701 
[営]18時〜翌3時半LO 
[休]日 
[席]カウンター10席 計10席/全席禁煙/カード可/予約可/サなし 
[交]JR山手線ほか恵比寿駅東口から徒歩7分

あめつち(最寄駅:祐天寺、学芸大学駅)

出典: https://matomeshi.jp/articles/1795

『あめつち』の 秋鮎の幽庵焼き 900円
店で漬けた幽庵焼きのサーモン。クセの無い純米生原酒の「義侠」(愛知県)を合わせることで口内で鮭の風味がさらに香り立つ

小鉢で提供される肴は旬の食材により献立が変わり、四季を感じる一品になっている。白和えやおひたしなど素朴な家庭料理が中心だが、ひとつひとつに細やかな手仕事が効き舌がほっと休まる味。純米酒を中心とした日本酒の種類が豊富で、食事や好みに合わせて見繕ってくれる。

出典: matomeshi.jp
出典: https://matomeshi.jp/articles/1795

東京都目黒区中町1-35-7 
[TEL]03-3712-1806 
[営]18時〜23時半(22時半LO、日〜21時半LO) 
[休]月、第2・4火、祝は不定休 
[席]カウンタ-8席のみ/全席禁煙/カード不可/予約可/お通し300円 
[交]東急東横線祐天寺駅、学芸大学駅から徒歩12分

佐渡の酒と肴 だっちゃ(最寄駅:浅草駅)

出典: https://matomeshi.jp/articles/1796

『佐渡の酒と肴 だっちゃ』の ふぐの子粕漬け 790円

佐渡の両津出身で唎酒師でもある店主のきたむらさんは、仕入れが難しい魚や野菜まで島からの産地直送にこだわる。「品揃えが豊富なのは、佐渡出身のどんな方がいつ来ても『懐かしい』と思っていただきたくて」。島にある6つの酒蔵の酒(どぶろく含む)を全て飲めるのも特徴だ。食事から珍味まで、佐渡の魅力を思う存分に体感できる。

出典: matomeshi.jp
出典: https://matomeshi.jp/articles/1796

東京都台東区西浅草2-27-1 伊東ビル1階 
[TEL]03-5830-3790 
[営]17時〜24時(23時LO、日・祝〜22LO) 
[休]不定休 
[席]カウンター9席 4人×4卓 テラス4席 計29席/全席喫煙/カード不可/予約可/お通し600円 
[交]つくばエクスプレス浅草駅から徒歩1分

さかな 幸|こう(最寄駅:代々木上原駅)

出典: https://matomeshi.jp/articles/1797

『さかな 幸』の 鳥ハム 842円
ハーブ塩を使った鳥の生ハム。ハーブの香りが心地よく、「秋鹿」など生酛造りの日本酒などとよく合う

様々な味わいの日本酒を数多く揃える店が多いなか、同店は15の蔵に限定し、純米無ろ過のみを揃える。無ろ過の酒は味が濃く、酒感も強く敬遠する人もいるが、大久保さんは「しぼりたての味。出来立ての香り。日本酒の魅力の原点とでもいう美味しさを楽しんでもらいたいんです」。そのために魚も野菜も味のしっかりした旬材を揃え、お酒の味に合わせて、それに寄り添う料理に仕上げる。また冷酒、ぬる燗、熱燗とより料理に合うよう、お酒の温度にも気を配る。常連に混じり、大久保さんの燗と料理に舌鼓を打ちたいものだ。

出典: matomeshi.jp
出典: https://matomeshi.jp/articles/1797

東京都渋谷区西原3-21-2 
[TEL]03-3469-0359 
[営]18時〜22時半(入店) 
[休]日・祝 
[席]カウンター8席のみ/禁煙/カード不可/予約不可/お通し378円 
[交]小田急小田原線ほか代々木上原駅から徒歩3分

しもめ太郎(最寄駅:目黒駅)

出典: https://matomeshi.jp/articles/1798

『しもめ太郎』の 手羽先唐揚げ(甘口・激辛) 各300円 と ささ身とアボカドわさび正油和え 680円

ほかにも鮮度のよい鳥料理や、煮込みやポテサラといった居酒屋の定番メニュー、1日10食限定ながら手打ち蕎麦なども用意され、深夜のひとり飲み客にもありがたい存在だ。

出典: matomeshi.jp
出典: https://matomeshi.jp/articles/1798

東京都目黒区下目黒1-5-16 サンライズマンション1階 
[TEL]03-6420-3206 
[営]17時半〜翌3時 
[休]日 
[交]JRほか目黒駅西口より徒歩6分

MiwaMiya|ミワミヤ(最寄駅:阿佐ヶ谷駅)

出典: https://matomeshi.jp/articles/1799

『MiwaMiya』の 自家製豚バラ肉の燻製 1300円

酒は瓶ビールと日本酒のみ。料理は、定番の塩辛や漬物の他に、鶏レバームースやパテをはじめとした本格的なビストロ料理も数多く揃える。それに合わせた日本酒のラインナップは、甘みと酸、そして華やかな香りを感じさせる個性的な味わいの酒も多い。その時々でコンスタントに入れ替えるため、何度訪れても新たな味に出合えるのも楽しみのひとつだ。

出典: matomeshi.jp
出典: https://matomeshi.jp/articles/1799

東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-1-23 東神阿佐ヶ谷ビル地下1階 
[TEL]03-6915-1387
[営]18時〜24時 
[休]日(他に不定休あり)
[交]地下鉄丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅2b出口から徒歩3分