カーリング男子の(手前から)イ・ギボク、オ・ウンス、金昌民(キム・チャンミン)=19日、江陵(聯合ニュース)

写真拡大

【江陵聯合ニュース】平昌冬季五輪第11日の19日、カーリング男子1次リーグが行われ、韓国(世界ランキング16位)はイタリア(同13位)に8―6で勝利し、17日の英国戦に続き2勝目を挙げた。

 韓国は第1エンドで3点を獲得し先制。第3、第5エンドでも1点ずつ獲得した。イタリアも第6エンドまでに4点を入れたが、第7エンドで韓国が2得点し、7―4と突き放した。

 第8、第9エンドにイタリアに1点ずつ奪われたが、7―6と1点差で迎えた最終第10エンドで韓国が最後のストーンを中央に入れ、1点を追加して勝利を決めた。

 ただ、韓国とイタリアはともに2勝5敗で最下位となり、準決勝進出は絶望的となった。

 韓国は20日にスイス、21日に日本と対戦する予定だ。