画像提供:マイナビニュース

写真拡大

シャープは19日、モバイル型ロボット、RoBoHoN(ロボホン)の開発者向けモデル「SR-X002」を発表した。3月2日に発売予定で、希望小売価格は税別238,000円。

ロボホンは、二足歩行が可能なコンパクトサイズのロボット。カメラ機能や小型レーザープロジェクターを搭載し、ユーザーとのコミュニケーションをはじめ、歌やダンスなどのアクションにも対応する。

今回発売する開発者向けのロボホンでは、Windows用の開発ソフトウェア「Motion Works for ロボホン」を、購入者専用サイトで配布する。同ソフトはロボホンに搭載されているモーターの稼働値や動作条件などを設定することで、ロボホンのモーション(動き)を自由にプログラム可能。開発したモーションは、PCとロボホンをつなぐことで動きを確認しながら作成を進められる。

作成したモーションは、Android向けのスマートフォンアプリから実行させることも可能。モーションは一般向けモデルでは動作せず、開発者向けモデルでのみ動作する。このほか、ビジュアルプログラミング言語「Scratch」(スクラッチ)でロボホン用アプリが開発できる「スクラッチパック」も提供する。

なお、開発者向けのロボホンは、通常ロボホンを利用する際に必要となる「ココロプラン」(ベーシック時で980円/月、税別)への加入は不要。このため、一般向けモデルでは行えるアプリのダウンロードや更新、電話機能、メール(メッセージ)機能などは使用不可となっている。