イメージ

ecbo株式会社は19日、同社の提供する荷物一時預かりサービス「ecbo cloak(エクボクローク)」を使用した、郵便局での荷物一時預かりサービスの試行実施を2018年2月21日(水)から順次開始すると発表した。

店舗の遊休スペースなどに荷物を預けられる「ecbo cloak」。今回の提携先は、日本郵便で、郵便局を荷物一時預かりサービスとして利用できる。

まずは、東京都・神奈川県内の計31局で実施する。利用方法は、「ecbo cloak」から事前予約・決済をした上で、郵便局まで荷物を持っていき、預かってもらう。

料金はバッグサイズが1日300円、スーツケースサイズが1日600円(各税込)。サイズ規定はバッグサイズは最大辺の長さが45cm未満、スーツケースサイズは最大辺の長さが45cm以上。

「ecbo cloak」
URL:https://cloak.ecbo.io/ja
2018/02/19