首席秘書官・補佐官会議で発言する文大統領=19日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は19日の首席秘書官・補佐官会議で、韓国製を含む外国製の鉄鋼や太陽光パネル、洗濯機などに対し米国が輸入制限を強めていることに懸念を示した上で、「不合理な保護貿易措置に対しWTO(世界貿易機関)への提訴や韓米FTA(自由貿易協定)違反の有無の検討などで決然と対応していく。韓米FTA改定交渉でも不当性を積極的に主張してほしい」と述べた。

 米商務省は16日(現地時間)、韓国製を含む外国製の鉄鋼やアルミニウムの輸入を制限するため、最大53%の関税をかけることなどをトランプ大統領に提言した。

 米国は先月下旬にも韓国製の洗濯機や太陽光パネルを対象にセーフガード(緊急輸入制限)を発動することを決めた。