Android版Googleアプリのベータ版にスクリーンショットの編集・共有機能が追加。撮ってすぐに共有が可能に
Android版のGoogleアプリのベータ版にスクリーンショットの編集・共有機能が追加されました。

あまり話題にはなりませんが、iOS 11では、スクリーンショットを撮影後、すぐにトリミングやテキストの追加などの加工が行えるようになっており、Googleアプリに追加されたのはそのAndroid版といったもの。

ベータテスターに登録すればベータ版のアプリはGoogle Playからダウンロードが可能です。

利用するにはまず、Googleアプリの設定で、「スクリーンショットの編集と共有」を有効にします。その後、Googleアプリの検索(ホーム画面の検索バーからの検索)や「Googleアプリでウェブページを開く」を有効にしている場合に検索結果から表示したサイトなどでスクリーンショットを撮ると、画面下部にポップアップが表示されます。

編集で利用できるのはトリミングのほか、手描きのみ。iOSのようにテキストや図形の追加は行えません。

Galaxyシリーズなど、Android端末によってはどのアプリ上でスクリーンショットを撮ってもすぐに加工が行える機能を持つものもあります。それらと比べると、利用できるのがGoogleアプリ内のみ、かつトリミングと手描きのみで機能的に見劣りしますし、対応としてもやや中途半端な印象です。

ただ、検索結果やそこから表示されるウェブサイトをすぐに共有できるのは、なんらかの情報を探している人にとっては便利なのかもしれません。

なお、現在はベータ版のみですが、近いうちに公式版にも追加されると思われます。