ヤフーは、乗り換え検索アプリ「Yahoo!乗換案内」(iOS版、Android版)の新機能として、イベント開催などに伴う列車や駅の混雑を予想する「異常混雑予報」を提供開始した。「Yahoo!乗換案内」アプリおよび、新機能「異常混雑予報」の利用料金は無料。

運行情報画面

路線検索結果画面

 異常混雑予報は、スポーツ行事やコンサートなどのイベント開催で駅構内や列車内の混雑が予想される場合、混雑度を10分単位で表示する機能。

 混雑度は、いつもよりやや混雑、いつもよりかなり混雑、いつもよりはげしい混雑の3段階で表示される。対象となる路線は首都圏の主要26路線で、混雑予想が表示される期間は当日から5日後まで。

 ヤフーでは、異常混雑予報を利用することで、混雑する列車や駅などを回避して移動したり、早めに出発することで混雑のピークを避けてスムーズに移動できるとしている。

 同社によると、月間約4000万人が利用する「Yahoo!路線情報」では、現在時刻で検索されたデータだけでなく、将来の時間で検索されたデータを膨大に集積しており、これらの経路や日時などのデータとビッグデータを組み合わせ、AIを活用することで、異常な混雑が発生する路線の予測を行うことが可能になった。としている。

 異常混雑予報の対象路線は、東京メトロの半蔵門線、南北線、東西線、銀座線、丸ノ内線、千代田線、有楽町線、副都心線。JR東日本の山手線、中央総武線(各駅停車)、総武線(快速)、埼京川越線、京葉線、京浜東北根岸線、湘南新宿ライン、中央線、横浜線、都営地下鉄の大江戸線、三田線、新宿線のほか、京王線、東急田園都市線、東急東横線、小田急小田原線、りんかい線、ゆりかもめ線。