ヤフー株式会社は、2月19日、ビッグデータ活用により、当日から5日分の混雑度を10分単位で予測する新機能「異常混雑予報」の提供を開始すると発表した。まずは、首都圏の主要26路線から提供を開始し、混雑時間帯、イベント開催時等において、混雑のピークを避け、イライラ解消やスムーズな移動につながるサービスを目指す。

同社が提供する乗換検索アプリ「Yahoo!乗換案内」(iOS版、Android版)では、2月19日よりYahoo!乗換案内(約4,000万人)のビックデータを活用し、AI(機械学習)で当日から5日分の電車内や駅の混雑を予測する新機能「異常混雑予報」の提供を開始した。

同機能では、首都圏の主要26路線において、スポーツ行事やコンサートなどのイベント開催で混雑が予測される場合、未来の車内や駅の混雑度を3段階・10分単位で表示。さらにその沿線に関するつぶやきをTwitterから抽出し、混雑の理由を推測できる情報も提供する。

また、検索結果に混雑が予測されるルートが含まれる場合、検索結果画面に3段階「いつもよりやや混雑」「いつもよりかなり混雑」「いつもよりはげしい混雑」の混雑度アイコンを表示し、見込み時間の見直しや、迂回ルートといったスムーズな移動を支援する。

「Yahoo!乗換案内」では、今後も機能の改善や拡充を行い、日々の通勤・通学だけでなく、出張やお出かけ時のナビゲーションとして、移動に関する課題解決を目指していくとのことである。


【運行情報画面】
未来の混雑状況を10分単位で予測
混雑が予想される駅と関連ワードを表示


【路線検索結果画面】
混雑度を3段階のアイコンで表示

Yahoo!ビッグデータレポート
URL:https://about.yahoo.co.jp/info/bigdata/special/2017/04/

ヤフー株式会社
URL:https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2018/02/19a/
2018/02/19