画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは2018年2月14日(米国時間)、「Google Cloud Platform Blog: 96 vCPU Compute Engine instances are now generally available」において、クラウドサービス「Google Cloud Platform」のマシンタイプに仮想CPU 96個と最大メモリサイズ624GBを追加したと発表した。利用できるリソースが増えたことで、仮想マシン当たりの能力を向上させ、代わりに利用する仮想マシンの数を減らすことが可能になるとしている。

発表時点で、仮想CPU 96個をサポートしているリージョンはus-central1、northamerica-northeast1、us-east1、us-west1、europe-west1、europe-west4、and asia-east1、asia-south1、asia-southeast1。どのリージョンでどの機能が利用できるかについては「リージョンとゾーン|Compute Engine ドキュメント」にまとまっている。

最大メモリサイズが増えたことで、データベースをすべてオンメモリで処理するといったことが従来のマシンタイプよりも容易になった。機械学習などの大量のコンピューティングリソースが必要になるシーンが増えており、今回の仮想マシンリソース強化はそうした要望に応えるものとなる。