平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで銀メダルを獲得した韓国の李相花(イ・サンファ)が表彰台で手を振っている=18日、江陵(聯合ニュース)
(END)
【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は18日夜、平昌冬季五輪のスピードスケート女子500メートルで銀メダルを獲得した李相花(イ・サンファ)選手について「実に誇らしい。最善を尽くす努力がメダル以上に輝かしい」と、お祝いと激励のメッセージを会員制交流サイト(SNS)につづった。

 文大統領は「李相花選手は残念がり涙を流したが、われわれ国民にとっては李相花選手が最高だ」とし、「永遠なる氷上の女王」と賛辞を贈った。

 世界記録保持者の李相花は18日に行われたスピードスケート女子500メートルで37秒33を記録し銀メダルに輝いた。優勝は小平奈緒。バンクーバー五輪、ソチ五輪に続く3連覇は逃したものの、冬季3大会連続のメダル獲得はアジア勢で初、史上3人目となる。