祇園の一角にある広東料理店。初代が京都の修業先で覚えた「はるまき」は、自家製皮の中にあっさり味に炒めた細切りタケノコがギッシリ詰まった名物。

広東料理 竹香(最寄駅:祇園四条駅)

口に入れるとシイタケの風味も広がる。同じ修業先から独立した店でも見られる棒状はるまきは、今や犁都中華瓩里劼箸弔侶鷲茲砲癲0貊錣某べたい「空心菜のいため」は、普段はあまり使わないニンニクを少量使って風味づけ。優しい塩味だから、ペロリといけるはずだ。他店の料理人から『また旨くなった』と評判の「やきめし」は少しずつ変わりながら進化し続ける注目の一品。訪れたらぜひ味わってほしい。

手前から/はるまき、空心菜のいため

客の8割が注文する「はるまき」。ほぼ全品お持ち帰りに対応し、店の味を宿泊先で楽しむ人も

蒸し豚、紹興酒

厚めに切った豚肉に醤油やラー油、ニンニクで作ったタレをかける

やきめし

最近、グリンピースを取り除き、より米の食感を楽しめるようバージョンアップ

広東料理 竹香

京都府京都市東山区新橋通花見小路西入ル橋本町390 [TEL]075-561-1209 [営業時間]17時〜21時(20時20分LO) [休日]火 [席]テーブル6席×1卓、4席×3卓 座敷4人席×3卓、小あがり6席×4卓、2階座敷63席 計117席/1階全席禁煙、2階喫煙可/カード不可/予約1階不可、2階可/サ1階なし、2階4000円以上(5名〜)のコース注文からあり [交通アクセス]京阪本線祇園四条駅8番出口から徒歩5分