温泉地の近くにある窯元や職人たちが生み出す豊かな工芸品は、丁寧な手仕事にはその土地の文化や風習、人の温かさが詰まっている。旅の思い出とともに、ここでしか買えない素敵なお土産をフリーライターの晴山香織さんに紹介してもらいました。

一つ一つ表情の違う
愛嬌ある神様

北海道・網走湖畔温泉
◆大広民芸店の「セワポロロ」


セワポロロ 小 H18cm 各1,500円。

 北海道の網走は、戦後、樺太から引き上げた人とともにウィルタ族が移住した土地。

 「セワポロロ」とは、そのウィルタ族が信仰する全知全能の神様のこと。首に巻いている、鳥の羽を意味する「イナウ」という薄い木とフェイクファー(昔はアザラシの毛皮)がかわいらしい。

大広民芸店
所在地 北海道網走市新町2-3-11
電話番号 0152-44-5583
営業時間 8:00〜18:00(10月〜3月は17:00まで)
定休日 無休
http://www.oohiro.sakura.ne.jp/sub1.html

小ぶりでシンプルな
桶を手に湯めぐりを

愛媛県・道後温泉
◆YUIROの「富士桶」


富士桶。左から:青富士、富士 底面直径18×H13cm 各7,500円/伊織 道後湯之町店

 温泉のための新しい「湯道具」をデザインしている「YUIRO」による桶。湯を切るためにふせて置くと、富士山に見えるデザインで、お湯を入れても片手で持てる小ぶりなサイズ。

 愛媛県産の檜製でほのかにさわやかな香りがただよう。

伊織 道後湯之町店
所在地 愛媛県松山市道後湯之町20-21
電話番号 089-913-8122
営業時間 9:00〜22:00
定休日 無休
https://www.i-ori.jp/user_data/iori_yunomachi.php

直火にもレンジにもOKの万能な器

島根県・玉造温泉
◆湯町窯の「エッグベーカー」


エッグベーカー 大 3,500円。

 島根県を代表する窯元による器は、ぽってりとした厚みと、温かみのある色合いが特徴。なかでも直火にかけられるエッグベーカーは、卵を落として好みの焼き具合になったら、器ごと食卓へ。

 ほかにも、野菜の蒸し焼きやアヒージョ、グラタンなどにも使えてとっても便利。

湯町窯
所在地 島根県松江市玉湯町湯町965
電話番号 0852-62-0726
営業時間 8:00〜17:00(土日祝は9:00〜)
定休日 無休

湯めぐりの後は
収納道具としても

兵庫県・有馬温泉
◆有馬籠の「湯かご」


湯かご 約17×24cm(本体) 3,700円/有馬籠本店

 石鹼や手ぬぐいなど、入浴に使う道具を入れるかごとして作られてきた湯かご。底はゆったりとした編み目で、底上げされているので水切れがよく、通気性も抜群。

 日本三大名泉の一つと言われるだけあって、立ち寄り湯がたくさんある有馬温泉。これを手にぜひ湯めぐりを。

有馬籠
所在地 兵庫県神戸市北区有馬町1049
電話番号 078-904-0364
営業時間 9:00〜18:00
定休日 水曜
http://arimakago.jp/

生活の知恵から生まれた素朴な様式美

岐阜県・飛騨高山温泉
◆飛騨さしこの「コースター」


コースター[紺、えんじ、山吹、茶] 9.5×9.5cm 各430円(税込)/本舗 飛騨さしこ本店

 寒い地方に多く伝わる刺し子。飛騨高山でも、古くから生地の補強や防寒のために作られてきた。縫い手も使い手も楽しめるよう、単なる刺し縫いをかわいい図案に。

 代表的な図案を施したコースターは、縫い目の細かさに驚かされる。

本舗 飛騨さしこ
所在地 岐阜県高山市片原町60
電話番号 0577-34-5345
営業時間 8:30〜17:00
定休日 水曜(2018/3/15以降は無休)
http://www.hidanet.ne.jp/~sashiko/

湯上がりの牛乳は
このカップで

佐賀県・嬉野温泉
◆224porcelainの「Milk cup」


Milk cup 直径6.5×H12.2cm 1,885円。

 嬉野市の肥前吉田焼は、有田焼や波佐見焼の下請けとして活躍し、400年以上前から続いている窯元。長年に渡って培われてきた技術をもとにオリジナル商品を作っている。

 昔懐かしい牛乳瓶の形をしたカップは、上下逆さまに使い、コルク栓をコースターに。

224porcelain
所在地 佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙909-1
電話番号 0954-43-1220
営業時間 10:00〜16:00(土・日・祝 〜18:00)
定休日 月・金曜
http://www.224porcelain.com/

使い込むほどに姿が変わっていく鉢

福井県・渓流温泉
◆ろくろ舎の「ポット」


TIMBER POT。左から:No.4 4,500円、No.3 3,500円。

 福井県産の杉の間伐材を使った木製の鉢。越前漆器の木地師である職人が、丸太の状態から一つ一つ削り出して作っている。

 あえて割れや傷、節などを生かしているので、そこに雨や土が入り込み、少しずつ風合いが変化していく様が楽しめる。

ろくろ舎
所在地 福井県鯖江市西袋町512
電話番号 0778-42-6523
営業時間 11:00〜19:00
営業日 日曜のみ
http://rokurosha.jp/

手仕事ならではの模様を選ぶ楽しさ

熊本県・玉名温泉
◆小代焼ふもと窯・井上尚之の
 「スリップウェアの器」


左から:スリップウェア楕円鉢(中) 3,600円、スリップウェア角皿(中) 3,200円。

 400年の伝統をもつ小代焼。なかでも、ふもと窯の井上尚之さんが手がける器は、スポイトに入れた化粧土で装飾するスリップウェアという技法が特徴。

 料理を邪魔せず、かつ、引き立ててくれ、がっしりと丈夫なところも魅力。

小代焼ふもと窯・井上尚之
所在地 熊本県荒尾市府本字古畑1728-1
電話番号 0968-68-0456
営業時間 8:30〜18:00
定休日 不定休

城崎のみに残る手仕事の結晶

兵庫県・城崎温泉
◆かみや民芸店の「名刺入れ」


名刺入れ。左から:緑、黄色 10.5×7.1cm 各4,800円。

 鮮やかな色に染めた麦わらで模様を描く「麦わら細工」は筒状の麦わらを一本ずつ開き、平面にならしてから貼るという手間も時間もかかる仕事から生み出される工芸品。

 名刺入れは、少し大きめなのでアクセサリーや手芸用品など小物の収納にも便利。他に赤や青もあり。

かみや民芸店
所在地 兵庫県豊岡市城崎町湯島505
電話番号 0796-32-3259
営業時間 10:00〜18:00
定休日 不定休
https://kamiya-mingei.com/

伝統的な藁仕事を今に伝える

山形県・真室川温泉
◆工房ストローの「卵つと」


卵つと。左から:擬卵タイプ、木卵タイプ 各2,400円。

 藁を使って昔ながらの道具を作る「工房ストロー」。

 卵を割らずに持ち運ぶためのパッケージである「卵つと」は、日本の伝統的な包装として海外にも紹介されるほど。古くから伝わる手仕事の美しさを教えてくれる。木製の卵や擬卵を使ってオブジェとして販売。

工房ストロー
所在地 山形県最上郡真室川町大字平岡885
電話番号 090-3125-2500
営業時間・日 事前に要問い合わせ
http://kobo-straw.com/

Text=Kaori Hareyama,Photographs=Hirofumi Kamaya