日常に春をとりいれて♡簡単にできるひと工夫!

写真拡大 (全3枚)

家の中にも、いち早く春の明るさを取り入れたいと思い、先日、マーケットで春の訪れをつげるミモザの花のスワッグを手に入れました。ミモザは春のはじまりの象徴。カリフォルニアに住んでいた頃、春が近づくと、黄色いミモザの花が咲き乱れ、街がパッと明るくなっていたのを思い出します。

春が近づくと、台所で使うキッチンクロスも明るいイエローのモノの出番が増えます。わが家では水切りかごを撤去して以来、キッチンクロスが水切りかご代わり。いつもシンク横のカウンター上にクロスを敷いているのですが、最近は黄色いリネンのクロスをヘビロテ中。ふしぎと黄色などの明るい色に手が伸びます。そういえば、先日購入した鎌倉野菜のカリフラワーもキレイな黄色でした(笑)びっくりするほど甘くて、まるで果物みたい。夫や子どもたちも大好評でした。

実は私の文具にも変化が。普段は黒、赤、青などのペンを使っているのですが、「手帳の中も春仕様にしたい!」という欲がムクムクと湧き出て、LOFTでピンク色と明るいグリーンのペンを購入。1月頃からは、毎日のようにピンクとグリーンのペンを愛用しています。やはり「色」って重要ですよね!手帳やノートを開くたびに、ピンクやグリーンの文字色のおかげで、一足先に春を感じています。冬は苦手だけれど、冬があるからこそ春がよりいっそう特別な季節に感じるのかもしれません。日本のすばらしい四季に感謝して、爽やかな春を迎えたいと思います。


【あなたにおすすめの記事】
■生花をより長く楽しむ。ドライフラワーで生活に彩りを添えて
■一足お先に春気分、インスタント寄せ植え
■春の訪れを感じる和菓子「うぐいす餅」でホッと一息♪
■100均の造花でお手入れが簡単なインテリアを紹介!
■乾燥肌・敏感肌の人にオススメ!保水バリアクリーム