TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉の微妙なねじれで発生した「著作権保護期間の70年延長」が、日本でも実施されることが報道されました。

 どういうことでしょうか?

 2018年の時点で考えてみます。1967年以前に亡くなった作家や音楽家の作品に関する著作権は、従来の「保護期間50年」であれば失効してしまいます。例えばジャズ・ミュージシャンのジョン・コルトレーン(1926-67) の著作権は、元来なら今年切れていたことになる。

 広辞苑の編者である新村出・京都大学名誉教授(1876-1967)も没後50年でおしまいというルール、バカヤロウ解散などの逸話も残しながら戦後日本の基礎を築いた吉田茂(1878-1967)も没後50年終了。

 これが「70年延長」によって2037年まで有効になる、ということでもあります。

 やや微妙に思うのは、例えば1948年に亡くなった人の権利は、従来1998年にタイムアウトしていたわけで、この70年化で突然戻すという話にはできないでしょう。

 分かりやすい話が、太宰治(1909-1948)の作品。すでに20年前に基本的なコピーライトは切れ、晴れてフリーな古典となっていたわけで、いまさら生臭い著作利権に引き戻そうとしてもそうはいきません。

 作家の菊池寛(1888-1948)、漫画家の岡本一平(1886-1948)、憲法学者の美濃部達吉(1873-1948)、世界に目を向ければ映画監督のセルゲイ・エイゼンシュタイン(1898-1948)からインドの指導者マハトマ・ガンディ(1869-1948)まで、この年に亡くなった人の諸権利はとっくに消滅して、すべて「古典」になっています。

 ちなみにA級戦犯の処刑があったのもこの年の12月23日のことでした。

 死後70年というのは十分長い月日である、という確認の意味を含めて、振り返ってみたのは、こうした「延長」に、1人のクリエータとして様々な疑問を持たざるを得ないからです。

 過去に完了した分はともかくとしても移行措置をどう考えるのか、など今後の展開を見守る必要があるように思います。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

ネットと半殺し状態の著作権

 誰もが見慣れ聞き慣れた言葉である「著作権」ですが、その意味をきちんと理解している人は、現代社会で決して多くないように思います。

 私が作曲家として音楽著作権を持つようになって三十数年、次いで演奏家としてCDなど録音著作物の権利も持つようになりましたが、この三十数年はコピーライトの業界にとって絶大な大きな変化をいくつも経験せざるを得ない、激動の時代に当たってしまいました。

 最初に何より大きかったのは、インターネットの民生開放、デジタル・ネットワークの成立とレコード・CD産業の実質的な終焉、先に結論を記してしまえば、これ以降「良いもの」は基本的に作れなくなってしまいました。

 やや分かり難い表現かもしれませんが宗教改革・30年戦争以降の神聖ローマ帝国みたいなもので、150年ほど細々とは続きましたが、その実惰性で余命を保っていただけで、ナポレオンの一押しで崩れてしまった。

 今日でも、メディアとしてのCDは生きていますが、音楽産業の実質的な媒体としてのCDは半分幽霊みたいなもので、むりやり「なんちゃら総選挙」で無茶な商戦を仕かけて社会問題になるなど、「終わっている」状態であるのは周知の通りでしょう。

 大変残念なことですが、書籍や雑誌の産業も、これに近いことになっている。これらすべて、良心的な編集の手を加えるだけの財務を立てる経済構造が実質的に成立しにくい状態になってしまっているのです。

 早くに音楽人として立った私が、40歳で「開高健賞」というものをもらって、受賞作家として「当然準備されることになっていた」雑誌連載が、現実には1つもなかったというのが、2006年時点でのわが国出版メディアの正味の台所事情にほかなりません。

 結果、最終的に作家業原稿で私が書くことになった「連載」は、本連載の原点である「日経ビジネスオンライン」『常識の源流探訪』を筆頭にネット連載、つまり閲覧ごとに著作権が発生しない、よく言えばスマート、悪く言えばちっとも儲からない、新しいビジネスモデル上での展開が主となったわけです。

 紙の媒体にも連載は持ちましたが、それらは岩波書店『科学』、岩波書店『思想』あるいはキリスト教の雑誌である新教出版社『福音と世界』など、超良心的ではありますが、超マイナーでもある媒体ばかり。

 「売らんかな」と思って原稿を書いていませんので、結局こういうことになります。もちろん本はこの十数年で40冊くらいでしょうか、コンスタントに出してきましたが、はっきり言って出版不況でちっとも儲かりません。

 著作権はネット化によって半殺し状態になっている――。

 これは、ここ十数年コンスタントに作品・演奏・原稿と、知的所有権を確保されたはずの著作物をけっこうな量産しながら、全く潤わない個人の家計を通じて、痛感するところです。

そもそも著作権とは?

 私たちのフィールド、音楽を例に著作権の目論見を確認してみましょう。

 バッハの時代、著作権という概念はありませんでした。毎週日曜の教会でのミサのためにバッハはコンスタントに楽譜を書き続け、現場では即興演奏を繰り返します。そうしないと食べていけなかったから。

 先週書いたオラトリオ、今週もまたやりましょう、でお金にならなかったんですね。子沢山のバッハ一族を食べさせていくために、お父さんは莫大な分量の仕事をし続けなければならなかった。

 これはハイドン(1732-1809)でもモーツァルト(1756-91)でも同様で、交響曲が100とか40とかある、というのは分かりやすい証左でしょう。

 ベートーヴェン(1770-1827)もシンフォニーは9つほどですが、ピアノ協奏曲5つ、弦楽四重奏は16曲強、ピアノソナタは32曲、作り続けないと生活ができなかった。

 これがブラームス(1833-97)になると交響曲は4つ、ピアノ協奏曲2つ、弦楽四重奏は3つと顕著に少なくなります。

 理由は明確で、楽譜が出版され、コピーライトが発生し、クリエーターは作品濫造、才能を濫費しなくても生活できるようになった。本来はそういう変化が「著作権」=コピーライトによってもたらされた。

 ブラームスは様々な編成の室内楽を、各々数曲ずつ残しています。弦楽五重奏、弦楽六重奏、ピアノ三重奏、ピアノ四重奏、ピアノ五重奏・・・。

 ニーズの多様化と、それらの編成でのチャレンジを慎重に検討できたブラームスの生きた時代がこれを保障したのがよく分かります。

 ブラームスはまた、音楽著作権成立以前のバッハなどの遺した譜面を教会の地下倉庫から掘り出して校閲、校訂して出版する専門=「音楽学」を確立したパイオニアとして全欧州に知られ、ブレスラウ大学から名誉博士号を贈られて、その返礼に「大学祝典序曲」を作曲したのは周知の逸話の1つでしょう。

 ブラームスは音に聞こえた完全主義者で、気に入らないものは一切残さず、徹底した推敲を繰り返したので、のちのちは権威として若い世代に敬遠されたりもするわけですが、音楽著作権は何より、アーチストの生活を保障し、このような徹底的な探求を可能にするものとして意味を持ちました。

著作権は「コピー・ライト」

 ベートーヴェンより少し若く、同じフランス革命の時代を生きた悪魔的なバイオリンの名匠ニコロ・パガニーニ(1782-1840)は徹底した楽譜の管理で知られていました。

 自分が独奏するバイオリン協奏曲の伴奏のパートを楽員に持ち帰らせない。直前に渡して初見で弾かせ、さっと回収してしまう。

 「コピー」つまり書写されることを極端に恐れていたのです。

 「著作権」という漢字に直してしまうと分かりにくいですが、元来この権利は「コピー」つまり複製したものに関する権利擁護として発生しました。

 一般に端緒はグーテンベルクによる印刷技術の発明・普及とされる、といった基本は「メディア論」の教科書に多々あるので成書をご参照ください。

 せっかく作家が丹精して大事な本を書いたのに、誰かがそれを勝手に移して印刷し、本を作って大儲け・・・みたいな状況が、複製技術成立初期の二百数十年は常態化していた。

 今ののインターネット社会がそれと同様の原始状態と思えば分かりやすいでしょう。

 これではいけない、とコピーライト、著作権が主張され、それが確立するのは米国の独立からフランス革命にかけての時期ですが、音楽著作権はこれにもう少し遅れます。

 ベートーヴェンやパガニーニはコピーライトで悠々自適とはいかなかった。短命だったフレデリック・ショパン(1810-49)は十分に出版を活用できませんでしたが、同世代の友達で長生きしたフランツ・リスト(1818-86)は出版を通じて大きく音楽に貢献します。

 才能ある若手を見つけると、その人の旋律をもとに小さなピアノ編曲を発表、印刷発売し、それで才能が世に知られるといったことが大変多かった。

 シャルル・グノー(1818-1893)やカミーユ・サン=サーンス(1835-1921)などはこの恩恵に浴した人たちで、リストはパガニーニの主題でも「ラ・カンパネラ」による超絶技巧練習曲などよく知られた作品を残しています。

 すべて「コピーライト」を背景に考えると成立経緯がよく分かるかと思います。

没後の「著作権保護」濫用への疑問

 作曲家リヒャルト・ヴァーグナー(1813-83)は亡くなるに当たって、最後の作品「パルジファル」を、自ら建設したバイロイト祝祭劇場以外の場所で演奏することを禁じる「著作権の遺言」を残しました。

 このため、欧州では1933年まで「パルジファル」を演奏することができなかった。

 ところが、この権利は旧大陸だけをカバーしていたので、アメリカでは著作権保護されていなかったんですね。そこで、ニューヨーク・メトロポリタン歌劇場などで、より早い時期からパルジファルの上演、さらには新演出の試みなどを行うことができた。

 それらはヴァーグナー個人の意思には反した上演だったかもしれないけれど、作品の普及や古典楽曲としての成長には大いにプラスするものともなりました。

 さて、いま「著作権70年延長」の報を見て、一クリエータ、著作権者として一番に感じるのは「才能の枯渇と空疎なビジネス固着」、極めてネガティブな印象にほかなりません。

 音楽でも映画でも、かつてコンテンツの「黄金時代」を持った米国が、その遺産に集って食いつなぐのを、もう20年延長させてほしい・・・というのが、元来TPPで上がっていたこの種の議論であったように思います。

 ところがその米国が撤退した後、やはり「作り出す人」ではなく、「それにあやかる人」の利害欲得の計算によって、こういう「延長」が取り沙汰され、採用されることになっているのを感じます。

 少なくとも音楽と書籍について、現状の「著作権」のあり方が、およそクリエーターの生活を保障したり、質の高いコンテンツを生み出すため編集者が集中して事に当たる時間を確保したりするのに、役立っていないという明白な事実を考えるべきでしょう。

 皆さん、どう思われるか分かりませんが、編集というのはものすごく大事な仕事です。本はどう少なく見積もっても5割は編集者の力で成り立っている。

 ネットのコンテンツが粗製濫造に流れるのは、まともな編集がなかなかできないからにほかなりませんし、私がこの連載を続けられるのも、経済コラムとして立派な編集者とタッグを組めているから、つまりJBpressの創業者でもある川嶋編集主幹との二人三脚で十数年の歩みがあるからにほかなりません。

 そうしたクオリティを保障するためのコピーライトの知財確保であって、初めて「著作権料」は本来の意味を持ちます。

 翻って、現在進んでいる著作権囲い込みの保護期間延長は「データビジネス」アイテムとしての著作物転がしというのが実のところでしょう。

 本当の意味で価値ある、新しいものを生み出し育てていく財源、あるいは地味かもしれないけれど良心的な作業を支える原資になっているか、極めて疑わしいと言わざるを得ません。

 実際それで生活の資を得ていますので、金額の露骨な変遷を見て、そのように断ぜざるを得ない。

 以前であれば「そうした文化には官費導入」という議論もありましたが、現在の日本の国庫がそんな状態でないことは、選挙のたびごと文化施設やキュレーターをイジメるような政治屋の発言が報じられる通りで、病理としては末期に近い。

 逆に、ヘッジファンドのジョージ・ソロスやビル・ゲイツなどの起業家によるフィランソロピーが結果的に大きな効果を挙げるケースが目立ったりもする。

 かつて著作権が守っていた文化のクオリティを保持し続けるうえでは、ネット社会は全く別のビジネスモデルを確立する必要があると私は思っています。

筆者:伊東 乾