米アップルのマーケティングをリードしたレジス・マッケンナ(右)とスティーブ・ジョブズ Photo:筆者提供

写真拡大

 シリコンバレーの成長を支え「シリコンバレーを作った25人」の一人といわれる、レジス・マッケンナとの出会いは1990年代中ごろだった。

 彼の誘いで、彼のコンサルティング会社に入ったことがきっかけで、私は日本企業への新事業創造に関わるコンサルティングを始めることとなった。何度も一緒に日本に出張し、その時間を独り占めできたのはとても幸運なことだったと思う。

 レジスは70年代、シリコンバレーの黎明(れいめい)期に、米インテルや米アップルコンピューター(現アップル)にマーケティングを指南したことで知られる。

 アップル初の本格パソコン「Apple 2」が開発された当時、共同創業者のスティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアックはそれぞれ21歳、25歳の血気盛んな若者だった。

 開発したウォズが技術的なスペックばかりを説明するので、レジスは「ユーザーにとってどのような価値があるのかを説明してくれ」と言うと、ウォズは怒って部屋を出ていってしまった。

 だが、そのときにジョブズは「待てよ、こういうユーザーとのコミュニケーションは大事かもしれない」と考え直し、マーケティング戦略をレジスと進めることになった。

 コンピューターがまだ“オタク”の趣味でしかなかった時代に、利用者への提供価値という観点でマーケティングの重要性を説き、ジョブズのマーケティング能力をも開花させたのがレジスであったのだ。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)