iPhoneのホーム画面をスムーズに整理する方法を紹介します(筆者撮影)

長い間iPhoneを使い続けていると、アプリが増え、ホーム画面がゴチャゴチャになってしまうことがある。部屋の片づけと同じで、日ごろから整理整頓を徹底していればいいが、そうでないと、後からまとめてやらなければならなくなり、余計に面倒に思えてしまう。かく言う筆者も、記事で紹介したり、自分で使ったりするためにインストールしたアプリを、そのままにしてしまうことが多い。


この連載の一覧はこちら

もちろん、ゴチャゴチャのままでも検索でアプリは探せるが、数回のタップで目的のアプリにたどり着けたほうが便利であることは間違いない。見た目もスッキリするため、整理しておいたほうが気持ちがいいことも確かだ。ただ、そのために時間をかけるのはやはり面倒。そこで、今回は、iPhoneのホーム画面をスムーズに整理する裏技を紹介していく。

1.アイコンは1つずつではなく「まとめて移動」

ズラッと並んだホーム画面のアイコンを、1つひとつ移動していくのは、面倒なうえに時間もかかる。そのため、整理したほうがいいことはわかってはいても、そのまま放置してしまっているということもありそうだ。ただ、意外と知られていないが、実はiPhoneのアイコンは、複数個を選択してまとめて移動することができる。


アプリのアイコンは、複数まとめて移動することができる(筆者撮影)

操作には少々コツが必要となるが、慣れてしまえば簡単だ。まず、移動させたいアイコンの中から、どれか1つを選び、ロングタップする。すると、アイコンが震えて、移動できる状態になるため、上下左右に少しだけ動かしてみよう。移動する距離は、アイコン半個分ほどだ。少し動かすと、アイコンを消去するために表示される、左上の「×」ボタンが消えるのがわかるはずだ。

この「×」ボタンが消えた状態を維持したまま、別の指でまとめたいアイコンをタップしてみよう。タップしたアイコンが、最初に移動させたアイコンに吸い付くように重なり、右上に「2」という数字が表示される。この数字は、アイコンが何個重なっているかを示すものだ。それ以上アイコンを同時に移動させたい場合は、そのままの状態で別のアイコンをタップしていけばよい。

あとは、重なった状態のアイコンを、好きな位置に移動させればいい。指を離すと重なったアイコンが一気に広がり、ホーム画面上に順番に配置される。細かくアイコンの順番を変えたいときには向かない操作だが、同じジャンルのアプリをまとめて、1つ右の画面にまとめて動かしたいというときなどに利用すると効率的。

1つひとつ動かしていくと、指を離す場所を少し間違えただけで順番が変わってしまったりすることもあるが、複数選択ならその心配もない。ややトリッキーな操作方法で、普通にiPhoneを使っているだけだとなかなか気づかないかもしれないが、覚えておくと便利だ。

2.不要なアップル純正アプリをアンインストール

元々はシンプルだったiPhoneだが、OSがアップデートされるたびに、徐々に機能やサービスが多彩になり、それに伴い、最初から入っている(プリインストール)アプリも増加傾向にある。確かにその機能やサービスを使う人にとっては、アプリをインストールする手間がかからず便利かもしれないが、使っていないアイコンが放置されているのはスペースの無駄。ホーム画面に並べておくと、間違ってタップして起動してしまうこともある。


プリインストールアプリも、削除可能だ(筆者撮影)

これを避けるため、使っていない純正アプリは、フォルダにひとまとめにしてしまうという手がある。ホーム画面の最後にひっそりと並べておけば、間違って触れてしまうことも少なくなるだろう。ただ、それでも検索で探してアプリを使う際などに、ヒットしてしまうことはある。プリインストールされているアプリも、不要ならば消してしまったほうがいい。

実はiOS 10からは、プリインストールアプリでも不要なものはアンインストールできるようになっている。アプリの削除方法は、App Storeからインストールしたサードパーティのアプリと同じ。アイコンをロングタップして、左上に表示される「×」ボタンをタップするだけだ。「設定」アプリの「一般」から、「iPhoneストレージ」を選択し、該当するアプリを選んで削除してもいい。使っていないプリインストールアプリをアンインストールして、ストレージの容量を節約したいようなときには、ここから削除する対象を選ぶといいだろう。

もちろん、いったん削除してしまったアプリでも、App Store経由で元に戻すことはできる。やはり使いたくなったというようなときは、App Storeで検索して、雲のマークをタップすれば、再度iPhoneにインストールされる。「計算機」など、同名のアプリが多いときは、検索ワードに「Apple」を加えるとすぐに見つかる。ただし、この方法でも、電話など、iPhoneの根幹にかかわるような一部のプリインストールアプリは、削除することができない。あえてこれらのアプリまで削除しようとする人はあまりいないかもしれないが、念のため覚えておきたい。

3.ホーム画面の編集は「パソコン」が便利

いくら素早く操作ができるといっても、アプリのアイコンの並び方や、フォルダを本格的に整理しようと思うと、やはり時間がかかってしまう。スマートフォンゆえに、画面サイズにも限界があり、それをチマチマとタッチして編集するので、時間がかかるのはある意味当然といえる。

これが面倒だと思ったら、よりディスプレーが広く、マウスなどの入力装置も利用可能なパソコンを活用すべきだ。ただし、パソコンでiPhoneの画面を編集するには、パソコン側にアプリのインストールが必要になる。元々アップルのiTunesは、iPhoneのホーム画面編集機能を備えていたが、最新版ではこれがなくなっている。アプリの管理はiPhone上で完結させ、iTunesの機能をシンプルにしたためだ。ユーザー層が広がり、パソコンとiPhoneを連携させる人が少なくなっている今、この機能を削除したのは合理的な判断といえるかもしれない。

一方で、パソコンで編集したほうが、スムーズに操作できることも事実だ。このようなときは、過去のバージョンのiTunesをインストールすればよい。企業ユースでアプリをパソコン経由でインストールするというニーズに応えるため、アップルは過去のバージョンのiTunesも残している。そのバージョンは「iTunes 12.6.3」。こちらのページでは、企業環境用として紹介されているが、個人でiPhoneを利用しているユーザーでもインストールは可能だ。


旧バージョンのiTunesであれば、アプリの管理もできる(筆者撮影)

ただし、最新のiTunesと同じパソコン内に併存させることはできない。そのため、iTunes 12.6.3をインストールしたい場合は、いったん現状のiTunesをアンインストールする必要がある。その後、パソコンとiTunesをケーブルで接続し、iTunes側のiPhoneの管理画面で、アプリの編集をすればよい。

すでに最新のiTunesをインストールしていると、ライブラリが読み込めないというエラーが表示される。これを解決するには、iTunes起動時にShiftキー(Macの場合はoptionキー)を押しながら起動し、表示された画面で「ライブラリを選択」をクリックする。フォルダを選んだあと、新たに作成するライブラリ名を入力すると、iPhone管理画面にある「App」のタブで、アプリの管理ができるようになる。

なお、この方法でバージョンダウンした場合、最新のiTunesへのアップデートの告知が表示されなくなる。そのままの状態にしておくと最新の機能が使えなくなるおそれもあるため、編集が終わったら、最新バージョンに戻しておいたほうがいいだろう。