2月18日、19時よりTBSラジオで放送された『高岡早紀 恋愛カレンダー collaborate with 東京カレンダー』

女優・高岡早紀さんの艶っぽい声に合わせて、特別に東京カレンダーが書き下ろしたラブ・ストーリー「忘れられない恋」を、一挙公開!

最後まで読むと、ラジオでは放送されなかった舞衣子の本音が分かるかも…!?




人には誰でも、忘れられない恋がある。

それが自分の仕事や価値観、そしてその後の人生に大きく影響を与えた恋なら、なおさら。

有名モデルとして華々しく活躍し、 いまや“恋多き女”として知られている舞衣子にも、心の底から愛した男との、ある“忘れられない記憶”があった。




「でもね、彼は私のことを心から愛してるんだって。けど、もう1ヶ月も会ってないのよ。LINEの反応も前より全然遅くなった。ねぇどう思う?彼の本心が分からないの...」

深夜、恵比寿でハイボールを飲みながら、長年の親友の由希は酔いに任せ、堂々巡りの会話を繰り返している。

“彼の本心が分からない”などと女が男に対して不満を持つときは、大概は男がその女への愛情を失っている証だと私は思う。

実際、心の奥底では彼女も気づいていて、ただそれを認めるのが難しいだけなのだ。

由希の恋人は、簡単に言えばただの浮気男である。彼女はもう3年近くも彼との腐れ縁に苦しんでいた。

いや、きっと苦しみだけではないのだろう。それを凌駕する魅力と快楽があるからこそ、簡単には離れられないのだ。

客観的に見れば、女を褒める口述に少し長けただけの、どこにでもいそうな中年男なのだが。

「私は彼にとって、もう空気みたいな存在なんだって。一緒にいるのが当たり前だけど、でも絶対に必要不可欠で...」

由希の瞳は、遠く彼方を眺めるように熱っぽく恍惚と輝いている。

「結婚してるわけでもないのに、そんなこと言われて嬉しいの?本当に由希が空気なら、空気なんてそこら中に充満してるんだから、必要ないじゃない。もっと由希を特別に扱ってくれる男を探せば?」

つい口調に苛立ちが滲んでしまうと、彼女は眉毛を八の字に下げ、瞬く間に泣き顔になっった。

親友が解決策など求めておらず、ただウンウンと話を聞くだけで充分なのは百も承知であるのに、いつもつい口出しをしてしまうのは私の悪い癖だ。

「舞衣子は底抜けにモテるから、そんな強気なことが言えるのよ。ふつう34歳の独身女はね、簡単に恋人と別れられないの。でも、ダメな男を嫌いになれない気持ちくらい分かるでしょ。ほら...別れても、忘れられない男とか...」

由希は意地悪く探るような目つきで、仕返しだと言わんばかりに話題の矛先を私に向ける。

「別に...」

「誤魔化しちゃって。いくら“恋多き女”でも、やっぱり賢三さんは特別でしょう。私だって、それくらい分かるんだから」

“忘れられない”などと形容されると小さな抵抗を覚えてしまうのは、私のプライドのせいだろうか。

彼女の質問に対して、反射的に頭に浮かんだ男の名前を見事に言い当てられたのは、少しばかり悔しかった。そもそも、自分以外の誰かが“賢三”という名を口にするだけで、どうしても胸がザワっとささくれ立つのを抑えることができない。

賢三と関係があったのは、もう10年近くも前になる。

私がモデルという職業に何の魅力もメリットも感じていなかった頃、彼はそれを、私の天職にしてくれた。

別に、誰に何を詳しく語った訳でもない。

それでも、長い時間を経てもこうして周囲から指摘されるほど、彼が私に与えた影響は大きいのだろう。

虚ろな目でテーブルに突っ伏してしまった由希にコートをかけながら、手持ち無沙汰になった私は、固く蓋をした賢三との記憶を、そっと取り出した。


“魔性の女”の、知られざる過去が明かされる...!





モデル事務所に所属したのは、いまから15年ほど前、私が女子大生の頃だ。

「舞衣子ちゃん、刈谷賢三って知ってるだろ?彼がさ、君をどうしても撮りたいんだって。絶対に引き受けてよ」

事務所の社長が「すごい話がある」と突然連絡を寄越したのは、大学を卒業してしばらく経った頃のことだった。

当時の私は、モデル業にはほとんど見切りをつけ、知人に紹介されたアパレル会社に勤務していたにも関わらず、だ。

一般人としてはそこそこ目立っていたものの、“プロ”としての野心はそこまでなく、私はいわば“売れないモデル”だった。

しかし結論から言うと、私は当時から名の知れていたカメラマンであった賢三のおかげで、芸能界で成功する方法の一つである“とてつもない強運”を手にし、一躍有名モデルの仲間入りを果たした。

だがそれは、賢三が私を撮ったジュエリーブランドの広告が好評を得たのはもちろんのこと、彼との熱愛報道によるものが大きかった。




「舞衣子は、ただ綺麗なだけじゃない。男を狂わせる、生まれつきの才能があるよ...」

鋭い目つきをした濃い顔に、ゴツいアクセサリーで身体の節々を飾った年上の男。

自分より一回りも年上の名声や権力を持つ男とどうにかなるなんて、すでに26歳だった私にとっては“イタイ”行為だと思っていた。

だが、芸能界で一目置かれる強面の彼が、大切な宝物を扱うかのように優しく私の頰を撫でるのは何とも言えない心地良さがあったし、賢三の圧倒的な才能と魅力には抗えなかった。

彼はフランスの大学で写真を学び、ある世界的な俳優に気に入られ、その写真が海外の雑誌に掲載されたのがきっかけで若くして有名になったそうだ。

カメラマンという職業にはそれほど詳しくなかったが、賢三が撮って現像した写真には1枚何百万という値がつくこともあると知ったときには、さすがに目を剥いた。

彼の造形美への執着と好色具合には薄々気づいていたが、しかし、世界中の美しい女を知る男が熱心に自分だけに賛美を送る快楽は、きっと経験者にしか分からない。

それに私は、単純に賢三を愛していた。

特別なことはしなくていい。私は、彼とただお酒を飲んたり、取り留めのない会話をするのが楽しかった。

「昔はさ、今みたいに夜遊びする場所も少なかったから、デートはドライブが主流だったんだよ」

そんなことを言って、夜中の首都高を何週もグルグルとポルシェで走る、ただそれだけの時間さえも愛しくて堪らなかった。

彼とは同年代の男の子と変わらないラフさで接することができたし、その一方で、一流の人間でしか決して知り得ない品やセンス、そして余裕が会話の節々に光っていた。大人の男の魅力、というのを本当の意味で知ったのは、彼が初めてだったのだ。

才能ある彼に認められ、同じ目線で議論を交わす。賢三によって私の仕事欲はかつてないほど刺激され、プロ意識もむくむくと育った。

そして何より、飯倉の海外風の造りの広々とした低層マンションの一室で、彼のお気に入りの大量の写真集に囲まれて抱き合うという女としての悦びまで覚えてしまったのだ。


年上男との、皮肉な終焉とは...?


だが、賢三との蜜月はほんの半年ほどで、呆気ない終わりを迎えた。

彼が若い新人モデルと関係した事実が、私の耳に届いたからだ。

そのとき私は、芸術家たる男が悪気なく女を裏切るという性を、痛いほど思い知った。

賢三が興味を示すのは、まだ誰にも知られていない、しかし彼によって才能が開花する可能性のある女だ。

そう。徐々に名が知れ渡り、熱愛報道によって“魔性の女”などともてはやされるようになった私に、彼は急激に冷めてしまったのだ。

焦って引き返したくとも、“魔性の女”という皮肉な肩書きは私の意思に反して一人歩きをし、賢三が離れていくのを黙って見ている以外方法がなかった。

そして、力のある男という後ろ盾を失った女の辿る道は、二つに分かれる。

そのまま煙のように忘れ去られるか、なりふり構わずに死に物狂いでその地位にしがみつくか。

幸か不幸か、当時の私には賢三によって造られた世間のイメージを壊さないだけの精神力とプライドが育っており、後者を選択することに成功した。

意外だったのは、賢三と別れたあと、私に好奇心を持つ男が絶えなかったことだ。

彼らのほとんどは、あからさまではなくとも“賢三が愛でた女”という私に興味を持っていたようだが、愛した男に捨てられた女のプライドなどちっぽけなものだ。

そうして気の赴くままに自由を楽しんだ私は、いつの間にか“魔性の女”に加えて“恋多き女”という、自分でも笑ってしまうようなキャラクターを確立させた。

それは、34歳になった今でも続いている。






「いいよねぇ、舞衣子は強いもん」

突然ムクッと起き上がった由希の言葉が、私を現実へと引き戻した。

「それに賢いから、男の人に惑わされたり、悲しい思いをすることなんてないか」

実際は、強いわけでも、賢いわけでもない。

私はただ、たまたま得てしまった名声を失うことに臆病になり、そして賢三をきっかけに形成された“魔性の女”という仮面の剥がし方が、分からなくなってしまっただけなのだ。

「...私だって、悲しいときもあるわよ」

本心を言ったつもりなのに、そのセリフは自分でも白々しいほど不自然に宙を浮く。

「まぁでも...賢三さんのことは、忘れられないって言うより、忘れないでおこうと思ってる。色々と、お世話になった人だから」

ツンと澄ました声で言ってみると、今度は“私らしく”きちんと収まってくれた。

こんな風に、私を愛でた男はいつまで私の中に居座り続けるのだろうか。

彼が私を捨てたとき、もっと泣いたり喚いたり、感情のままに醜く振舞い、芸能界を去っていたなら、その後の人生はずっと楽に生きられたようにも思う。

あるいは賢三に出会わなければ、人並みに結婚や出産を経て、幸せな家庭を築いていたかもしれない。

だが、後悔はしていない。

自分が他人に比べて特別優れていたり、幸せであるとは思わないが、結局のところ、私は彼に与えられた“魔性の女”としての人生がどうしようもなく大切で、そして面白くて仕方がないのだ。

「ねぇ由希、ごめん。私、これから崇くんに会うの。お会計するわね」

店を出ると、今最も人気のある若手ミュージシャンの一人である崇が、可愛い笑顔を浮かべて私を待っていた。

-Fin