みなさま、こんにちは。時短美容家の並木まきです。何度かに分けて、私のドレッサーの中身を少しずつ公開しています。5回目の今回は“眉コスメ”をご紹介。お気に入りコスメはもちろん、男ウケするアイラインの引き方もご紹介します

文・並木まき

「ナチュラルな眉」を描くなら…

ナチュラルな眉づくりに、パウダーは欠かせません。

というわけでここ数年、ずーっとお世話になりっぱなしなのがシュウ ウエムラの『ブロー:パレット』【ウォルナットブラウン/エイコーン】。

濃すぎず薄すぎずの絶妙な発色で、髪色やメイクのテイストに合わせて2色混ぜながら使えるのも重宝している理由です。

さらに落ちにくく崩れにくいので、朝このパウダーで眉を描いたら、帰宅するまで一度もお直しせずに済むくらい。出張や旅行にも持って行きやすいサイズ感も優秀で手放せない理由のひとつ!

オフの日メイクでは、このパウダーのみで眉を仕上げることもあります。

「強めだけど柔らかい眉」を描くなら…

パウダーだけだとやや眉がぼやけてしまうので、オンの日には「強めだけどやわらかい眉」を、ペンシルと眉マスカラも使いながら作っていきます。

トワニーの『ララブーケ アイブロウペンシル』【BR ブラウン】は発色がよく、また柔らかい色合いなので、繊細なラインを加えたいときに使いやすく、落ちにくいので大重宝しています。

さらに、『ララブーケ アイブロウマスカラ』で毛流れを整えつつ、色をオン。以前はペンシルとマスカラは別ブランドのものを使っていたのですが、同じブランドのアイテムをライン使いするようになってからの方が、仕上がりはやはり安定しています。

お泊まりデート用に「消えにくい眉」をつくるなら…

「絶対に眉毛が消えてほしくない」と思う女子も多いであろう、お泊まりデートの日は、やはりティント系の眉アイテムが便利です。

私は最近、MAYU LINEの『TS ティント(落ちにくい眉墨)』【濃いブラウン】を気に入って使っています。チップ状のブラシがとても描きやすく、日本製というのも安心感があるんです

塗って乾かし剥がすだけなので、時間がないときでもティントしやすく便利! 寝ている間に貼っておくと、朝にはいい感じに色がついています。

仕上がりもちょうどいい“色づき具合”なので、ティントにありがちな不自然な眉にもなりにくく、大切なお泊まりデートの日でも安心です!

私たちの「こんな感じになりたい」という願いを実現してくれるのは、ドレッサーにあるコスメたち。

みなさんのドレッサーには、どんなコスメが入っていますか?

(C) AlessandroBiascioli / Shutterstock