Image: Iloura / vimeo via Gizmodo US

あのロック様が、この程度のスタントでCG?

1995年のアドベンチャー/ファンタジー映画『ジュマンジ』の続編『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』。今度はボードゲームではなくPCゲーム『ジュマンジ』の中に吸い込まれた高校生4人が、本人ではなくアバターに扮して冒険を繰り広げようとします。

そのアバターのひとりが、モルダー・ブレイブストーン博士を演じるザ・ロックことドウェイン・ジョンソン。元プロレスラーである彼は、超人的な身体能力を持っているわけですが……さすがにファンタジー映画の中ではチョイチョイCGに差し替えられているのです。

VFXを担当したのは、これまで『ゴースト・イン・ザ・シェル』や『ジョン・ウィック』などを手掛けてきたオーストラリアのスタジオiloura。

ロック様が他の俳優をフルスウィングでカッ飛ばすシーンは、双方にとって安全だからなのか? それとも役者を引っ張る装置を作るよりCGのほうがコストが安いからなのか? もしくは『ワイルド・スピード ICE BREAK』や『ランペイジ』や『スカイスクレイパー』など、そのたの出演でスケジュールが合わなかったからなのか?

とにかく売れっ子俳優のドウェイン・ジョンソン。今後は本人不在でも、このCGモデリングだけで1本作れちゃうんじゃないでしょうかねぇ?


Image: vimeo via Gizmodo US
Source: vimeo via Art of VFX, iloura

Andrew Liszewski - Gizmodo io9[原文]
(岡本玄介)