こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在34歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。2017年2月に結婚をしたのですが、出会いはなんと、iPhoneのお見合いアプリ。そんな私の体験談をハウツーも交えながらご紹介するのがこの連載です。これまでの【アプリ婚】はコチラ。

☆☆☆

前回までのあらすじ:会社の同期の強引な勧めではじめたお見合いアプリ。プロフィール公開、メッセージのやり取りを経て、何人かの男性に実際に会ってみた。しかし、良いと思った人はフェードアウトし、なかなか良い人に巡り会えず、ようやく付き合った人はとんでもない宇宙人だった!宇宙人と別れ、にっさとは再びお見合いアプリの海へ出発するのであった……。

私がお見合いアプリを使いはじめて以来、私が勧めたのもあって、まわりの独身女友達たちにも次々とお見合いアプリユーザーが増えていきました。そんな中、実際に使いはじめたら「アプリは私には合わないみたいだから退会したよ」という人と、「アプリは私に合ってるみたいで、男性にも結構会ってるよ!」という人に別れました。では、お見合いアプリに“向いている人”ってどんな人なのでしょうか?私と友人達の体験から分析してみました。

自己表現力がある人

自分の良いところを嘘偽りなく、どれだけアピールできるか?

まずはプロフィールをいかに魅力的に作れるか?が問われます。

写真は、とにかく写真写りの良い“奇跡の1枚写真”を使って、プロフィールも男性ウケしそうな事をねつ造して書く……はもちろんNGです!!

会った時に「プロフィール詐欺だ!」という印象を与えない程度に、いかに自分の良いところを最大限アピール出来るかがキモ。他の人とは違う、自分らしい“良いところ”をアピールしたいところです。

とは言え、自分の持っている良いところをアピールするって、ふと冷静になると、ものすごく恥ずかしいことにも思えてきます。でも、ここは就活の自己アピールだと思って割り切っちゃってください!

友達に「私の良いところってどこ?」「私らしさってなに?」と聞いてみて参考にするのもおすすめです。

知らない人と会うことに抵抗が無い人

本名も知らない人と約束して会える?

ざっくり言うと、人見知りじゃなくて、多少のコミュ力がある人です。

さらに言うと、“ネットで知り合った知らない人と会うことに抵抗が無い人”です。

デジタルネイティブ世代は抵抗が無いかもしれません。ですが、私の世代(30代)以降の人は、物心ついてからインターネットが普及しはじめたので、心の底の一部では“インターネットは危険”という気持ちがあるのではないでしょうか?私は未だにちょっとあります。「お見合いアプリで知り合った人と結婚したんだ」と言うと、「えー!大丈夫なの?」と聞いてくる人も、そうだと思います。その“インターネット危険”思想を乗り越えた先に、出会いがあるんです。

危機察知能力が高い人

メッセージや対面で、相手の危険信号をどれだけ察知できるか?

“やばい人レーダー”が敏感な人は、お見合いアプリに向いていると思います。

逆に、鈍感な人にはオススメできません!!

例えば、「本業以外のビジネスって興味あります?」って聞かれたら、マルチ商法を疑うとか、「今まで不倫ってした事ある?」って聞かれたら、既婚者かもしれないと思うとか。そんな感じです。ちなみに、マルチ系の人は副業(マルチ)の事をよく“ビジネス”と言います。

プロフィールの時点で、すでに“やばい人オーラ”を出している人もいます。

自分の身を守りトラブルを回避する為にも、お見合いアプリユーザーに危機察知能力は必須です!自分の危機察知能力に自身が無かったら、身近な友人に「この人どう思う?」と、会う前にプロフィールを見せて、相談してみるのも良いと思います。

待たずに自ら行動が出来る人

気になったら、女性からだってどんどん誘うべし!

お見合いアプリをはじめた時点で、自ら行動が出来る人とも言えると思いますが、もちろん始めたらそれで終わりではなく、そこからいかに行動できるかにかかっています!

会って話してみたいけど「相手が誘ってくれないから……」と待っているうちに、相手は他の人とごはんに行って意気投合してしまうかも!

「お店どこにするんだろう?」と思うなら、自分の行きたいお店を提案してみれば良いと思います。私は行きたいお店があった時は、自分から提案して予約していました。

お見合いアプリでは、あなたがそうであるように、相手も常に複数人とやり取りをしているので、待っている場合ではないのです!

……さて、あなたは自分の“やばい人レーダー”に自信はありますか?

“やばい人レーダー”には、それなりに自信を持っていたはずのにっさとですが、彼氏いない暦3年の間に、いつの間にかレーダーは壊れ、“やばい人”と付き合ってしまったのです!本当にやばかったので、後半の漫画では、前回に続き、別れた彼(宇宙人)ネタを描きました。〜その2〜に続きます。