ラグジュアリーの概念を変える 2018年に訪れるべき世界のホテル14選

写真拡大 (全6枚)

一生に一度の体験ができるブティックホテルから、戦略的なブランド展開を図る大型資本のホテルまで、世界各地でホテルの改装・新装オープンが続き、2018年は旅に出ずにはいられない年になりそうだ。

ワルシャワやボゴタのような人気上昇中の都市に世界的ブランドが進出する一方で、独立系の新興ホテルが既知の都市に新しい風を吹き込み、ラグジュアリーの概念を塗り替えてもいる。2018年にぜひ訪ねたい14のホテルは以下の通りだ。

アジア

1. カペラ上海ジェン イエ リ(中国、上海)
カペラ・ブランドでもっとも新しく、上海で部分開業したばかりのこのホテルは、1930年代上海租界の雰囲気が濃厚に漂う空間だ。「石庫門」という歴史的な街並みをそのままホテル内に取り込んだのが大きな特徴で、馬頭牆という切妻屋根つきの煉瓦塀に囲われた区画に中庭を兼ねた共用通路を挟んで家屋が連なり、門には装飾的な石造のアーチがかかっている。

このホテルのレストランはフレンチの三つ星シェフ、ピエール・ガニェールが監修したものだ。

2. コモ ウマ チャングー(インドネシア、バリ)
女性実業家クリスティーナ・オンがバリ島でオープンさせる3軒目のホテルは、あまり知られていない島の南岸に旅行客を呼び込むべく、2018年2月に開業予定。建築は現代アジア風のスタイルで、曲線的なかたちをしたスイミングプールまで、1階の客室からはテラスから直接アクセスできるようになっている。そして上階の客室からは、すばらしい海の眺望が楽しめる。

ヨーロッパ

3. ビスタ - パラッツォ ラーゴ ディ コモ(イタリア、コモ)
コモ湖は名だたる観光地だが、市街中心地では初の五つ星ホテルになるのだという。2017年6月オープンのこのホテルは、息を呑むような湖の眺望を楽しめる一方で、街のレストランやショップにもアクセスしやすいことを売りにしている。歴史ある邸宅を改装したこのホテルには18の客室とスイートがあり、屋上につくられたバーからは湖水を見下ろす絶景が楽しめる。

4. フォーシーズンズホテル ムジェーヴ(フランス、ムジェーヴ)
アルプスの山荘を現代風にアレンジしたようなこのホテルは、フォーシーズンズが初めて手がけたヨーロッパの山岳ホテルで、55の客室とスイートに加えて、5つのレストランとラウンジを擁する。ミシュランの二つ星レストランを現代に甦らせた「Le 1920」もそのひとつだ。宿泊客は235ものコースからなるスキーゲレンデだけでなく、近くにあるモンダルポワのゴルフコースにもアクセスしやすい。



5. ロイヤル ランカスター ロンドン(イギリス、ロンドン)
ハイドパークの端に建つアイコニックなホテルの50周年を機に1億ドルを投じたリノベーションが2017年11月に完了した。

411の客室とスイートのすべてに、低いシルエット、くっきりした線、随所にのぞくファッショナブルな色使いなど、ホテルの建造時代をしのばせる意匠を現代風にアレンジして取り入れている。そして客室の窓からのロンドン市街の眺望は改装前から変わらないままだ。

6. ラッフルズ オイロペスキー ワルシャワ(ポーランド、ワルシャワ)
東欧は新しい西欧なのだという意見がある。アジアのホテルブランド、ラッフルズもその流れに乗ろうとしたのか、19世紀ロシアでもっとも豪奢なホテルのひとつと呼ばれたホテル オイロペスキーに大改装を施すことにした。そして、ポーランドの建築家やデザイナーたちに歴史的建造物の保護活動家らが加わって、106の客室とスイートへとホテルを再生させようとしている。

レストランは野外テラスを備え、現代的なポーランド料理と昔ながらのメニューが饗される予定だ。

アフリカ

7. アナンタラ トズール(チュニジア、トズール)
映画『スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス』のロケ地に選ばれたチュニジア南西部の都市で、サハラ砂漠観光の拠点。そのトズールの街が、高級感あるリゾートに生まれ変わろうとしている。

2018年夏にオープン予定のこのホテルは、93の客室とヴィラからなり、そのうちいくつかには専用プールが附属している。さらに充実したスパもあり、一日中開いているレストランではチュニジア料理に加えて、東南アジア発祥のホテルチェーンにふさわしく、タイ料理を楽しむこともできる。



ラテンアメリカ/カリブ海

8. シルバーサンズ グレナダ(グレナダ、セントジョージズ)
グレナダのグランド・アンス・ビーチに初めての大規模リゾートが3月にオープンする。そのシルバーサンズは、天然素材を室内装飾にふんだんに取り入れた43のスイートに加えて、カリブ海エリアで最長となる100メートルのスイミングプールが計画されている。旅行者や、9つある居住用ヴィラの住民は、スパや、海岸につくられたクラブ、2つのレストランを楽しむことができる。



9. ホテルカルデシアーノ(メキシコ、プエブラ)
メキシコの古都プエブラは、豊かな歴史とコロニアル様式の建築で人気の観光地だが、それにふさわしい魅力をそなえた宿泊施設はこれまでのところ欠けていた。そんな状況が一変したのが、2017年11月だ。

18世紀の建築物3つに78の客室とスイートを擁するこのホテルは、市街の広場や数々の名所旧跡から目と鼻の先にある。時の経過で美しく古びた煉瓦造りの建物にメキシコの現代アートが組み合わされたデザインもまた見所だ。

10. サドゥン リッツ・カールトン リザーブ(メキシコ、ロスカボス)
カリフォルニア半島最南端のリゾート、ロスカボス。ここにリッツ・カールトンが進出し、最高のホスピタリティで旅人をもてなそうとしている。サン・ホセ・デル・カボの海岸に面したこのリゾートホテルには155の優雅なヴィラが並び、その多くに専用プールが附属しているほか、2つのゴルフコースや砂漠植物園を楽しむこともできる。

南米

11. グランド・ハイアット・ボゴタ(コロンビア、ボゴタ)
南米でもとびきりクールな街ボコタにハイアット・グループが初のラグジュアリーホテルをオープンさせる。

グランド・ハイアットの名にふさわしい趣向を凝らしたデザインと、心づかいの行き届いたサービスはもちろん、活気にあふれるボゴタの街の中心街に近く、その雰囲気をも取り込んでいることがユニークなホテルだ。373の客室には床から天井までの大きな窓が備わり、2つの本格的レストランと、広々としたスパも魅力だ。

北米

12. ザ ノマド ロサンゼルス(アメリカ、ロサンゼルス)
ロサンゼルス中心街で最新のこのホテルは、西海岸のおおらかさにニューヨークの系列ホテルの最先端の活気を加味したテイストとなっている。

歴史的なジアニーニ・ビル(かつてイタリア銀行が入っていた)に1月にオープンしたこのホテルには、ジャック・ガルシアがデザインを手がけた241の客室と、カジュアル、フォーマルそれぞれのレストラン、そして一日中開いているイタリア風のカフェがあり、レストランのイレブン・マディソン・パークやノマド ニューヨーク ホテルと同じく、ダニエル・ハムとウィル・ギダーラの共同経営となっている。



13. ペリー レーン ホテル(アメリカ、サバンナ)
南北戦争以前の過去と今の時代の躍動感を融合させたこのホテルは、現代のアメリカ南部のホスピタリティにじかに触れられる場所となるはずだ。開発チームはサバンナについて学び、歴史的街並みを21世紀のホテルに仕立てることに5年をかけており、歴史的な市街地の大通りに面して2018年春にオープン予定のこのホテルには、細部にこだわりの尽くされた167客室が並ぶことになるだろう。



14. ローズウッド ミラマー ビーチ モンテシオ(アメリカ、カリフォルニア)
サンタバーバラ郡で100年の歴史をもつランドマークだったミラマー バイ ザ シー ホテルに、2018年夏にローズウッドが新たな生命を吹き込む。

海岸沿いの16エーカー近い敷地に建つこのホテルは、124の客室と37のスイートの多くが平屋建てのバンガローとなっており、まさしく砂浜の際にあるこのエリアでは初のリゾートとなる。そしてここを訪れた誰もが、オーシャンフロントのバーやレストラン、プライベート・ビーチ・クラブを楽しむことができる。