このまま南北交渉が簡単に始まるようなことはない(写真:ロイター)

韓国の文在寅大統領は今年、好スタートを切った。平昌冬季五輪に際し、北朝鮮から参加の合意を取り付けただけではない。そうすることが実はトランプ米大統領自身の考えであったと、トランプ氏に信じ込ませたのだ。

文氏は五輪に対する北朝鮮の脅威を手なずけるのと同時に、米国からの反発回避にも成功した。

米韓同盟を弱体化させる狙い

だが、今年初めに開かれた南北閣僚級会談における合意内容が、非核化に向けた対話へと発展する可能性は低い。むしろ、五輪が閉幕すれば、北朝鮮はにわかに訪れた外交上のチャンスに乗じて、核とは無関係のテーマで交渉の可能性を探ってくるだろう。これによって、米韓の間にはおなじみの難題が浮かび上がることになる。

北朝鮮の最高指導者、金正恩氏は、米韓同盟を弱体化させるという長年の政策の一環として、交渉を切り出した。韓国と接触することによって、自称・核保有国としての地位を、全世界の目の前で既成事実化しようとしているのだ。

この目的が達成されれば、米国と韓国の間にくさびを打ち込むことができると金氏は考えている。北朝鮮はもちろん、制裁緩和を勝ち取るチャンスをつねにうかがってもいる。

一方の文大統領は、金氏の「平和攻勢」にうまく対処している。北朝鮮のオリンピック選手団と応援団が、韓国入りに際し大歓迎を受けるのは間違いない。両国選手団が南北統一旗を掲げて入場する場面では、称賛の声がスタジアムにとどろくだろう。

なるほど、北朝鮮の目には、自国が核保有国になろうとしていることに対して韓国に新たな敬意──あるいは怖れ──が芽生えたと映っている。北朝鮮の人々は、核開発のせいで五輪参加が危ぶまれたとは考えず、反対に核開発をしているからこそ北朝鮮は五輪に招かれたと受け止めるだろう。

平昌五輪参加の意味を、北朝鮮は次のように理解しているのかもしれない。国際的な孤立は一時的なものであり、核保有国として完全に認知されるまでの道のりに課される通行料金のようなものにすぎない。しばらくすれば、韓国以外の国も列を成して北朝鮮との外交交渉に応じるだろう、と。

文大統領は五輪後、試練にさらされる

だが、文大統領は「五輪の精神」によって韓国政府が丸め込まれることはない、との立場を明確にしている。平昌五輪の安全性について多数の国から疑問が投げかけられてきたのがこの1年であり、韓国の目標は主催国として平昌五輪を成功させることにある。北朝鮮の期待に応えることではない。つまり、五輪が閉幕すれば、北朝鮮には非難と孤立の長い冬が待っている、ということだ。

文大統領は、北朝鮮に対して過去最大規模の制裁を加える国際社会との関係を維持していかなければならない。その意味で、同氏は五輪後、即座に大きな試練にさらされることになる。延期されている米韓合同軍事演習の実施計画を決めなければならないからだ。

もちろん、北朝鮮はこれまでと同様に反発するだろう。中国やロシアも反対に回り、五輪をきっかけに進んだ雪解けムードを台なしにしたとして、米国を非難してくる可能性がある。

そうはいっても、演習を伴わない軍事同盟は楽器を持たないオーケストラのようなものだ。文大統領にも、このことはわかっているだろう。いろいろと難しい問題はあっても、米国ほど韓国にとって重要な同盟国はほかにない。

文政権のような革新系の政府であっても結局は、米国との関係を維持し、守っていけることをつねに国民に示していく必要があるのだ。これまでのところ、文氏にはそれができている。

(本稿は平昌五輪開幕前に執筆されたものです)