畑岡奈紗、首位にどこまで食らいつける(写真は3日目)(撮影:GettyImages)

写真拡大

<ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン 最終日◇18日◇クーヨンガGC(6,599ヤード・パー72)>
オーストラリアのクーヨンガGCで行われている米国女子ツアー「ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン」最終日。今季2戦目の畑岡奈紗がこの日の競技をスタートさせ、1番ホールをパーで滑り出し。首位と6打差のトータル5アンダー・8位タイにつけている。
【スイング解説】畑岡奈紗はスイングアークではなく“コンパクトさ”で飛ばす!
トータル11アンダー・単独首位にツアー2勝目を狙うコ・ジヨン(韓国)。4打差2位にハナ・グリーン(オーストラリア)が続いている。
トータル2アンダー・27位タイには、前半の7ホールを消化したアマチュアの吉田優利。2016年大会覇者の野村敏京は後半15番までを終えて、トータルイーブンパー・41位タイにつけている。
また、吉田と同じくアマの山口すず夏は、8ホールを消化してトータル1オーバー・45位タイ。横峯さくらはトータル7オーバー・71位タイで競技を終えている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

初優勝なるか!?ISPSハンダ・オーストラリアン女子オープン速報中!
ジェネシス・オープンリーダーボード
畑岡奈紗は“ほろ苦”デビューのリベンジへ 単独5位で決勝進出
満身創痍で予選突破 山口すず夏は初の週末に「失うものない」
三ヶ島かな×ハマの番長特別対談!全4回