ジャケパンはウォームビズの基本形です(写真:筆者提供)

夏のクールビズに対して冬のウォームビズ。ノージャケットというビジュアルから視覚的に伝わりやすいクールビズに対し、パッと見、伝わりづらいウォームビズでしたが、近年はそのスタイルも広がってきているように見えます。

私は「プロの目線でユニクロもカッコよく!」をモットーとして、これまで延べ4000人を超えるビジネスマンの買い物に同行しトータルコーディネートしてきました。そんな私が考える「ウォームビズの最適解」をお伝えします。

スーツとジャケパン、どちらが暖かく見えるか?

上下の生地が異なるスーツ、通称「ジャケパン」と呼ばれるビジネスファッションはウォームビズの基本形です。ウールで織られたジャケットスタイルという意味ではどちらも変わりませんが、使われている糸の種類が異なることをご存じでしょうか?

ツルッとした光沢感を特徴とするスーツジャケットでは「梳毛糸(そもうし)」と呼ばれる毛足の長い糸を使っています。一方、上下生地が異なるウォームビズのジャケパンでは「紡毛糸(ぼうもうし)」という毛足の短い糸が使われています。

同じウール糸であってもその特徴が異なるからこそ、ジャケパンの場合、生地が毛羽立って見えます。この生地感はフランネルと呼ばれ、暖かみある視覚効果を生みだします。この効果を活かしたジャケット・スラックス・スーツも存在します。

フランネルスーツと呼ばれるビジネススーツは、上下毛羽立ちのウールが印象的です。つまり、スーツ・ジャケパンにかかわらず、冬はフランネル生地を使ったビジネスファッションが視覚的に暖かみを演出しやすいということ。

とはいえ、スーツとジャケパン、両者における「アイテムの相性」では決定的に異なる事情があります。それはインナーに合わせる「ニットセーター」にありました。上下同一生地のジャケットスタイルだからこそ、スーツの場合、異なる生地のニットセーターが合わせづらいのです。

「絶対NG!」というわけではありませんが、スーツのエレガントさを損なうリスクが生じます。もちろん、紡毛糸で織られたフランネルスーツの場合、この限りではありませんが、スーツ全般、共地のスリーピースベストが似合います。

一方、上下生地が異なるジャケパンでは、ジャケットとシャツの間にニットセーターを合わせることが可能です。ウール・カシミアなどのニットセーターを1枚くわえることで、オフィス内の暖房の設定温度を制限していたとしても防寒効果が望めます。もちろん、スーツ・ジャケパンに限らず、ヒートテックのような保温性の高い機能性下着があることを想定したうえでの話です。

ジャケパンに合わせるニットセーターは、ネイビー・グレー・キャメルといったベーシックカラーのものからブルー・パープル・ピンクといったカラフルなものまで、その選択肢はさまざまです。そして、このニットセーターこそ、「ウォームビズの最適解」だと私は見ています。

ウォームビズの最適解とは!?

上下生地が同一であるビジネススーツに対し、上下生地が異なるジャケパンでは最適解が異なります。エレガントを売りにするビジネススーツでは、上下生地を同一にし、異なる生地の質感・色数を最小限に絞っているのです。この絞り込まれた厳粛さにエレガンスが宿るのではないでしょうか?

一方、アクティブで軽快さを売りにするジャケパンでは、上下の異なる生地に加え、ニットセーターなど生地・色数を増やすことでその彩りが豊かに見えます。アイテムを絞り過ぎた秋冬のジャケパンは逆に貧相に見えるリスクがあるからこそ、ニットセーターは冬のジャケパンに相応しいのです。

「ニットセーターを着たジャケパンに、ネクタイは合わないのではありませんか?」という質問をよく受けます。確かにツルッとした質感のスーツに合わせるシルクネクタイは合わせづらいかもしれません。なぜなら、ネクタイのエレガンスがアクティブな印象のジャケパンにマッチしないからです。


ウールネクタイ(写真:筆者提供)

そこで、私は「ウールネクタイ」提案しています。毛羽立ちがあって質感あるネクタイはジャケパンやニットセーターによく合います。ニットをカラフルに合わせるならば、ネクタイは引き締めるネイビー・グレーを選びます。また、上級者の着こなしとして、ニットセーターにトーンを変えた同系色のネクタイを合わせるというパターンもあります。

この秋冬、ジャケットとシャツの間にニットセーターの代わりにダウンベストを着ているビジネスマンを見掛けませんでしたか? 「インナーダウン」と呼ばれるこの着こなしは、数年以上前からアパレル業界が注目する着方の工夫でした。とはいえ、その見慣れないビジュアルもあって、ビジネスマンには浸透していません。


インナーダウン(写真:筆者提供)

ところが、そんなインナーダウンが外回りの営業マンの間で注目されています。外回りで訪問先が1日に10件近い営業マンにとって、先方のオフィスに行く度に、かさ張るコートを小脇に抱えることが本当にストレスになるということでした。そこで、コートを着る代わりにインナーダウンを着ているそうです。インナーダウンはバッグの中に入れることができるので、ノーストレスで先方に訪問できるというのです。

もちろん、本来の想定とは異なる使い方ですが、ビジネスファッションのカジュアル化が進んだことで、ビジネスファッションの解釈はこれまで以上に自由に広がっているのかもしれません。

チャッカブーツに合わせるジャケパン

昨年、伊藤忠商事が打ち出したカジュアルフライデー施策「脱スーツ・デー」。上場企業を中心にカジュアルフライデーの動きはひっそりと動き出しています。年が明け、私の元にも複数の企業からカジュアルフライデー導入における着こなし研修の依頼がありました。


チャッカブーツ(写真:筆者提供)

いきなりカジュアルな恰好をすることに抵抗があるという人にはジャケパンを薦めています。その場合、革靴をスエードの紐ブーツ「チャッカブーツ」に合わせるだけでカジュアル感が増すというものです。ジャケパンは崩し方ひとつで印象が変わります。

ネクタイを締めることでスーツに近いエレガンスを保つこともできます。その一方で、カジュアルフライデーに近づけることも可能です。スーツに比べ着こなしに汎用性があるジャケパンは、これからの時代に相応しいビジネスファッションといえるでしょう。