手軽に「ショウガ」を取り入れられる一品 粉末やキャンディタイプ、ドライフルーツ風など

写真拡大

 寒い季節に体を温かくしてくれる「ショウガ」。最近は、粉末やキャンディタイプなど手軽に取り入れられる一品が続々と登場している。

 寒い季節には、血行促進作用で体を温めてくれる「ショウガ」を重宝している人も多いだろう。手間いらずで、いつでもどこででも手軽に口にできる個性的なショウガ関連商品を紹介しよう。

 粉末タイプの「高知県産黄金しょうが プレミアムジンジャーパウダー(3,672円・税込、50グラム1袋)」は、高知県産黄金(こがね)ショウガ粉末を発酵させることで、腸内環境改善に有効とされるグルコン酸など新しい栄養成分を生成。ショウガが持つ体温を高める成分ショウガオールも豊富に含んでいる。きめ細かい粉末は、溶けやすく使いやすい点も見逃せない。煮込み料理や炒め物、飲み物などさっとひと振りで便利に使える。手がけたのは坂田信夫商店(本社:高知県香美市)。

 持ち歩ける上、味わい方も2通りのキャンディもある。パイン(本社:大阪府大阪市)の「生姜湯飴」が好評だ。同商品は無香料、無着色で、高知県産のショウガ汁を使っており、そのまま口に放り込めば、ショウガ本来のおいしさが楽しめる。さらに、もうひとつ使い方がある、カップなどに2、3粒入れ、お湯を注いでしばらく混ぜればポカポカの1杯、ショウガ湯のでき上がりだ。食べ方を選ぶことができるこのユニークなキャンディ、価格は180円(税別、100グラム1袋)。

 最後に紹介するのは、台湾のみで栽培される本島姜(ペンタオジャン)ショウガを酢漬にした「ドライフルーツみたいな岩下の新生姜(200円・税別、23グラム1袋)」。「岩下の新生姜」シリーズで知られる岩下食品(本社:栃木県栃木市)が手掛けたこの商品は、隠し味にユズ果汁を加えて仕上げられており、チャックつき容器の口を開ければ、ドライフルーツ感覚で楽しめる。仕事の合間やブレイクタイムなど、小腹が空いた時やおやつにと、ショウガを食べるシーンが広がりそうだ。

 快適な日々を過ごすために、普段の食生活にショウガを取り入れてみるのもよさそうだ。

加藤 秀行[著]、阪神 裕平[著]

【関連記事】
いろんな「海藻」を手軽に楽しもう!「がごめ」のおかき、「あかもく」みそ汁、「もずく」カレー
便利で美味しい「油揚げ」 味付き、ふわふわ食感、ジャンボサイズなど
個性派の美味しいソーセージ 鮭入り、ブラジル式、スモークウインナーなど
「うなぎ」を使ったおいしいもの せんべいやまんじゅう、うなぎの肝入りカレーなど
「昆布」を使った新たな味 薫製風味のお菓子やグミ、期間限定カフェなど