熱海の風景写真(2018年1月、筆者撮影)

日本人でその名を知らない人はいないくらい有名な観光地「熱海」。静岡県の最東部に位置し、熱い湯が海に噴出するほど温泉が豊富であったことがこの名の由来と言われる。徳川家康も熱海を愛し、湯治のために7日間逗留したことがあるという。

かつて熱海は不便な土地であった。現在は東海道線・東海道新幹線や伊東線が通る熱海駅であるが、もともと東海道線はこの地ではなく、現在の御殿場線回りであった。1918年に熱海―函南を結ぶ丹那トンネル建設が開始され、16年の歳月をかけ、1934年に開通したことで今の東海道線となり、熱海が首都圏からも東海・関西圏からも便利な地となった。

従来、飲み水に不自由する土地であったが、丹那トンネルから出る大量の湧き水が熱海の飲料水に利用され、人口増加に拍車をかけた。戦後は、1964年に東海道新幹線が開通し、こだま号で東京駅から1時間足らずの場所となった。高度経済成長期には新婚旅行や社員旅行でにぎわう大観光地となった。

その後、バブルの崩壊とともに熱海は大打撃を受ける。2000年前後から廃墟化した大型ホテルの姿が報道され、熱海は衰退した温泉地という印象がつきまとうようになったことは中高年の方々はご存じだろう。

しかし、ここ数年、その熱海への観光客数がV字回復という報道が目につき始めた。2016年11月にできた駅ビル「ラスカ熱海」もにぎわう。過去にも東洋経済オンラインで『あの「熱海」に再び観光客が集まっている理由』(2016年8月17日配信)として熱海の観光地としての回復ぶりも紹介されている。

このように宿泊者数が増加する中、熱海をつぶさに見ていくと必ずしも楽観視はできない状況はいまでも散見される。そうした様子を見ていこう。

校回復の勢いは続くのか?

熱海の宿泊客の推移が凋落の一途から回復し、300万人を超えたことでV字回復と報道されている。しかし、1974年度には490万人もの宿泊客がいた。2002年度になってはじめて300万人を割り込み、その状況が長らく続いていたが、2015年度に300万人を超え、308万人となり話題となった。直近の2016年度には301万人と足踏み状態だ。


熱海の観光産業を支えるのは宿泊客を中心とした観光客だけではない。熱海は別荘地としても栄えてきた。さらに観光産業を支える住民の状況も気になる。

1983年度には205軒あったホテル・旅館は2015年度には116軒にまで減っている(熱海市資料)。現在も至ることころで、旅館の廃墟が目立つ。熱海は都心から近くて便利ということで団体客を迎える大型旅館でにぎわったが、それゆえにバブル崩壊後の個人客中心の経営に切り替えることができず廃業したところが多い。結局大きすぎて、修繕や建て替えに莫大な費用がかかり、あきらめざるをえなかったということであろう。

負の遺産として街中に残る最大の象徴は複合商業施設「あうね熱海(aune ATAMI)」だろう。


10年近く野ざらしの「あうね熱海」。貫一お宮像前の一等地だ(2018年1月、筆者撮影)

熱海の中心地の海岸線に立つ金色夜叉の「貫一お宮像」とお宮の松。その真ん前の一等地にかつて、つるやホテルがあった。

つるやホテルは2001年に廃業し、長らく廃墟状態にあったが、解体され、2007年には跡地に、あうね熱海が建設された。

2008年秋に当初はオープン予定だったが、遅れ、やがて事業主が事実上の経営破綻になりこの計画は白紙になった。

現在、建物自体はほぼ出来上がっているものの営業はしておらず、いまだにそのままだ。

熱海では希少な平坦地の中央町に広大な敷地を有する老舗旅館玉乃井本館も廃業し、ここは更地のままだ。同じく海岸沿いの熱海港の真ん前にもかつての熱海海浜ホテルの廃墟が残る。


熱海海浜ホテルの廃墟。熱海港の真ん前だ(2018年1月、筆者撮影)

一方、再生した旅館もある。老舗大型ホテル・旅館であったニューフジヤホテル、大野屋、金城館、ウオミサキホテルは旅館再生を手掛ける伊東園ホテルズの経営となり、1泊2食・アルコール飲み放題付きで8000円〜1万円程度の格安宿として営業中だ。

伊豆山の水葉亭も最近閉館したが、大江戸温泉物語グループの経営となった。大規模旅館は廃業か、格安チェーンの宿となる場合が多く、当然、後者に生まれ変わった旅館の客単価は安い。廃業した旅館の跡地は再度宿泊施設として再生させたいというのが熱海市役所の方針であるが、思うようにはいっていない。

別荘地としての熱海の評価は?

旅館廃業後、リゾートマンション建設計画が持ち上がるケースが多い。しかし、新しいマンションが旅館や既存のマンションの眺望を奪う結果となりかねず、過去には法的紛争にもなっている。現在は景観法に基づく景観計画に沿って認可される。話題となったのは昨年2月に完成した熱海駅から徒歩2分の地にそびえる30階建てのマンション。販売戸数約320戸で値段は4500万円〜6億円。完成時には、ほぼ完売と報道され、景気回復を物語っているように思うが、完成から1年を過ぎた現在も売り出し中だ。

一方中古のマンションは格安の物件が多い。昭和30年代、40年代に建てられたマンションの老朽化が問題になっており、40平米台で100万円台も見掛ける。

また、熱海市内の企業などの寮・保養所の数は1983年度には601あったが、2015年度には175にまで激減している(熱海市資料)。レジャーが多様化し、企業が福利厚生施設として熱海に寮・保養所を設ける意味が薄れていると思われる。

熱海市は別荘の利用促進、滞在中の消費拡大に注力しており、「別荘コンシェルジュ」として対応する職員もいる。約9400人いる別荘所有者に対して市側はアンケートを実施しており不満の声も聞こえる。

たとえば、熱海は高低差が大きい地域で自動車でないと移動しづらい地区も多い。駐車場が圧倒的に少なく、自動車で食事に行こうと思っても、駐車スペース不足という問題もある。また観光中心の街なのでスーパーなどの生活用品を扱う店が少なく、また物価が高いという指摘もあり、都内などで買い物を済ませてから熱海に来るという実態もアンケートから明らかになっている。 

さらに、熱海市は固定資産税のほかに日本で唯一、別荘等所有税を課していることで知られている。建築年数に関係なく、1平米あたり年額650円が、別荘所有者に課税されている。50平米だと年間3万2500円だ。資産価値でなく、物件の広さで課税額が決まるため、古い物件ほど割高感が強くなり、それがさらに市場価格を下げる方向に影響しているように思う。事実、前出のアンケートの中でも同税への批判は多い。

魅力はやはり温泉だろう。源泉総数が500を超え、42度以上の高温泉がその約9割を占め、平均温度は約63度である。旅館とともにほとんどのリゾートマンションに供給されている。これに海や山の景色が加われば、温泉好きの日本人には魅力的なリゾート地であることには変わりはない。

高齢化し、減り続ける住民

熱海市というと大規模な市のように思われるが、人口は3万8000人ほどしかいない。毎年300万人の宿泊客を迎える都市としてはかなり少ない印象だ。事実、人口は減り続けており、ピーク時の1965年には5万4000人がいた。

また、高齢化も顕著で、1965年と2015年とを比べると、15歳未満人口(年少人口)の割合は 19.2% から 7.1%に、15歳から64歳人口(生産年齢人口)の割合は 71.1% から 48.2% に減少するなど大きく変化し、高齢化率 44.7%という超高齢化社会で、「日本の30年後の姿」(熱海市)となっている。現実に市内のバスに乗ると地元の乗客は高齢者が目立つ。

貧困も深刻だ。2015年度の市の人口に占める生活保護受給者の割合は1.66%で県の0.83%の2倍に上る。受給者のうち65歳以上の割合は78.8%でこれも県の50.0%を大きく上回る。高度経済成長期に観光関連で社会保障が十分でない仕事に就いていた人たちが老後を迎えた結果であるという(2017年4月4日付読売新聞東京版)。

海を見下ろす億ションで暮らす富裕層と、貧困に苦しむ高齢住民、このコントラストは異常だ。生産年齢人口が集まる産業の誘致も急務だろう。

観光地熱海の特徴として外国人の少なさがある。箱根町の宿泊者数のうち外国人の割合は11.1%なのに対して、熱海市はわずか1.1%だ(2016年熱海市調査)。箱根は温泉、富士山、登山鉄道、ロープウェイ、芦ノ湖(海賊船)と魅力ある景色や交通手段が満載だが、熱海の魅力はどこにあるだろうか。


アタミロープウェイ山麓駅付近、右手が市営八幡山住宅の廃墟(2018年2月、筆者撮影)

温泉は当然として、海山の眺望、サンビーチ、熱海梅園、起雲閣、MOA美術館などが挙げられるが、街中で温泉地の風情を感じるところは少なく、かつての男の歓楽街を思い起こさせる場所もある。

アタミロープウェイがあるが全長273m、高低差96mと日本でいちばん短く、3分で山頂駅まで到着する。山麓駅は熱海港の近くだが、古めかしく、廃墟となった市営八幡山住宅が痛々しい。

荒廃した箇所が熱海に影を落としているのではないか

山頂駅には古めかしい秘宝館(大人のミュージーアム)があり、そこから徒歩で行く熱海城は、本物の城ではなく、戦後に出来た観光施設だ。錦ヶ浦も望め、すばらしい眺望だが、箱根と比べるほどの魅力と言えるかどうか。

箱根が線あるいは面として魅力ある地域が結ばれているのに対して、熱海はスポット的で、また東京に近いことで高度成長期に開発が進み、その結果、街に風情がなく、荒廃した場所も点在していることが大きな課題と言える。

熱海で注目されているのは年間18回ほど開催される花火大会だ。夏だけでなく1年中開催されている。熱海港の埠頭で打ち上げられる花火は毎回5000発ほどで熱海市内の広範囲な場所から見ることができる。これは大きな魅力だ。

ただ、夏は毎回3万人ほどが訪れるが、それ以外の時期は半分以下となっている。花火と言えば夏の風物詩というイメージだからだろうか。土曜日を避け、日曜日開催が多いこともあるが、夏以外は市内の宿泊施設も満室になることはあまりない。さらなるPR活動も必要かもしれない。


十国峠の風景(2018年1月、筆者撮影)

意外なのは富士山も海も見える絶景の十国峠にわずかバスで30分、タクシーだと20分くらいで行けることだ(山頂まではケーブルカー利用)。

熱海は富士山に近いのだが、山に囲まれているために市内からは見えない。熱海に富士山が加われば魅力は増すように思う。熱海観光に十国峠をイメージさせることも重要だろう。

伊豆半島や箱根旅行に熱海が1泊加わるような観光戦略が重要かもしれない。浴衣でぶらぶら歩けるような温泉情緒も富士山も花火も楽しめる観光地として熱海が本当のV字回復を遂げることを期待したい。