怪物に襲われる潜水艇 ©Disney

写真拡大

「海底2万マイル」は、ジュール・ヴェルヌの小説を映画化した内容をベースに構成されたアトラクションです。

【写真4枚】TDS「海底2万マイル」フォトギャラリー

ディズニー好きだけでなく、SF好きもワクワクする魅力に溢れたアトラクションですね。

ファストパスでスイスイ探索に出るのも気分がよいものですが、スタンバイで注意深く情報収集をすると、さらに面白くなります。

今回は「海底2万マイル」の推理する楽しみをご紹介します。

ネモ船長のヒント

スタンバイ列は混み具合によって折り返し地点が違いますが、ネモ船長の研究室まで伸びていたら、実はラッキーです。

なぜなら、ネモ船長の研究室に置いてある品々や貼り出された海底の見取り図を見たり、基地内スピーカーから流れるネモ船長のつぶやきを聞いたりできるからです。

時にはネモ船長が演奏する、オルガンも聴けるのです。

スタンバイ中に得る情報は、海底探索を更に面白くしてくれますよ!

ツボに描かれた絵の謎

書類や標本が所狭しと置かれたネモ船長の研究室は、ノーチラス号での海底生活を想像させ、じっくり見たくなります。

ネモ船長の机には、海底から引き揚げられたツボが置かれていますね。

中央には島に都市、周囲の海にはイルカやタコが描かれています。

タイミングがよければ、海底で建造物が見つかったという声がスピーカーから流れ、ネモ船長が失われた古代都市を疑っています。

小説「海底2万マイル」には、海底火山のふもとに古代都市アトランティスの遺跡が登場しますが、ツボはアトランティスに関係があるかもしれませんね。

そんなことを考えていると、ネモ船長の呟きが聞こえてきます。

海底で不自然な光が見えることを気にしていますね。

アトランティスに光といえば、オリハルコン(オレイカルコス)と呼ばれる、炎のように輝く鉱物があったとプラトンが書いています。

海底探索で、ネモ船長が言っていた光の正体を見ることができるとよいですね!

船の墓場

列が進むと、つい立ての前を通ります。

つい立てには海底の見取り図が貼られ、たくさんのメモがあります。

貼り紙はつい立ての両面にありますから、ゆっくり見られるとよいですね。

見取り図によると、船の墓場と呼ばれる場所があり、難破船が集中しているようです。

メモには怪物の存在を疑うものがありますから、探してみてくださいね。

文末の? マークが目印ですよ。

海底探索で怪物に遭遇しないことを願いたいものです!

いよいよ出発

見たり聞いたりしながら待っていると、スタンバイも退屈しません。

(スタンバイ列の長さや並び始めたタイミングにより、進む経路や聞こえるものは異なります)

乗り場で潜水艇に乗り込んだら、いよいよ海底探索が始まります。

座席やタイミングによって見えるものが違いますが、運がよければ潜航を開始して間もなく、右舷奥に青白い光が見えます。

生い茂るケルプ(巨大なワカメのように見えるもの)の奥を覗いてみてくださいね。

ネモ船長がつぶやいていた、謎の光かもしれませんね。

マーメイドラグーンやポートディスカバリーから遊びに来ている友達が見えることもありますよ。

難破船

潜水艇は船の墓場に至り、海難事故の犠牲者らしき骸骨や積荷だったであろう品々が見えてきます。

サーチライトを操作しながら探索に興じていると、巨大なイカの脚に潜水艇がつかまれてしまいます。

ネモ船長が海底見取り図のメモで推理していた通り、怪物が船を沈めていたのでしょうね。

幸い電撃で脱出しますが、潜水艇のメインパワーが落ち、更に沈んでしまいます。

不思議な街灯

パワーがバックアップに切り替わり航行が安定すると、ソケットに水晶を押し込んだような、松明型のものが並んでいるのが見えてきます。

海底には巨大な水晶クラスターのようなものがたくさんありますが、水晶は自ら光ることはありません。

もしやプラトンの言う、「炎のように輝く」オリハルコンの街灯でしょうか?

しかも遺跡の一部にしては規則正しく並んでいて、傷みもありませんね。

海底に文明があるのでしょうか?

生命体と壁画

街灯とともに、壁画も見えてきます。

更に航行中、潜水艇の様子をうかがうような生き物が、あちらこちらに見えます。

注意して見回すと、魚にしては大きく、人間の形に近い生命体がいるようです。

壁画の方には地上で繁栄する都市、天災に見舞われる都市、水中の壊れた都市、クジラなどが泳ぐ海底で繁栄する都市が描かれています。

壁画の都市の建物は、ネモ船長の机の上のツボに描かれた都市の建物と似ています。

アトランティスとの関係を期待してしまいます。

そもそも壁画はいつ、どこで描かれたのでしょう?

予言なのか記録なのか、地上でなのか海底でなのか、謎ですね。

光る建造物と謎の生命体

未知の生命体が見え隠れする遺跡らしきものの奥に、遺跡とは思えない光り輝く建造物が見えます。

プラトンが「クリティアス」で書いている通り、オリハルコンが炎のように輝く古代都市、アトランティスを彷彿とさせます。

気がつくと、魚類のようなヒレを持った生命体が、オリハルコンかと思わせる、光る物質を持って潜水艇を見ています。

潜水艇の後方をのぞくと、後ろから押し上げて泳ぐ複数の影が見えます。

未知の生命体が潜水艇を助け、見送ってくれているようです。

想像する楽しみ

潜水艇は未知の生命体に助けられ、無事に帰還できました。

私たちが目にしたものは、海底生活に適応して進化したアトランティスの末裔かもしれません。

あるいはアトランティスの民と交流していた、未知の生命体なのかもしれませんね。

興味が沸いた方は、小説「海底2万マイル」もおススメですよ。

スタンバイと海底探索の両方で、発見が増えること請け合いです!

海底2万マイルで想像を膨らませ、あなただけの冒険物語を作ってみませんか?