羽生結弦、孤独と犠牲の上に涙の連覇 「僕はアイドルじゃない」

ざっくり言うと

  • 羽生結弦は、孤独と犠牲の上に涙の連覇を成し遂げたと筆者が解説している
  • ソチ五輪以降は週刊誌に追われることも増え、戸惑っていたという
  • 「スケートしたいだけ」「僕はアイドルじゃない」と羽生は語っていた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング